fcb.portal.reset.password

練習後のルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

バルサは、リーグ戦で最近、リーグ戦で絶好調であり、それをメディアの前でルイス・エンリケは強調した。どのような状態で今回、サン・マメスでの試合を迎えるかということだ。「サン・マメスでプレーするのはいつもスペシャルだ。あの雰囲気は特別だから。美しいスタジアムだし、それにふさわしいレベルでありたい」と記者会見でコメントした。

アスレティックに関して、ルイス・エンリケは、多くのメリットをあげた。例えば、「全部のボールを競う」姿勢や「フィジカルが優秀で空中戦に強い多くの選手を抱えて」いるなどだが、同時にチャンピオンズリーグをプレーするために、その効率が下がっている可能性も指摘した。現在、ビルバオはリーグ戦ランキング12位でバルサを迎えることになる。「何シーズンも前からアスレティックのプレースタイルは、忠実」なものであり、その意味では、「アスレティックとエルネスト・バルデルデのことは良く知っているし、タフな試合になることはわかっている」と気を引き締めた。

とはいえ、ルイス・エンリケは、1週間に2試合がなかった週を過ごした後、楽観的にビルバオ戦に向かう予定だ。なぜなら、「今季最高の練習が、おそろしいくらいのレベルで行なえた。そのために私はとても楽観的に感じている」と言い切った。 アスレティックとエルネスト・バルデルデのことは良く知っているし、タフな試合になることはわかっている。

現在の好調ぶりについては、「私たちが苦労させられることのない試合ばかりであればいいが、きっと今後、ここまで効率的にプレーできず、ミスを犯す試合をする日がくるだろう」と話したが、「どのチームにも同じように悪い結果があるだろうし、順位表に動きがあるだろう」と予想した。

首位のレアルマドリードまで勝ち点4点差であり、その首位とアトレティコ・デ・マドリードが対戦する。ルイス・エンリケは、ダービー戦を見るつもりであることを明かしたが、「来ベルの結果を見ることに集中することはない。私達が自分達の試合に勝てることだ」とコメントした。

上に戻る