fcb.portal.reset.password

Luis Enrique durant l'entrenament previ al derbi / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

セルヒオ・ゴンサレスとの写真撮影のあと、ルイス・エンリケが日曜の試合を前にした記者会見に臨み、バルサとエスパニョールのライバル関係について話した。「それぞれのファンがより激しい思いで迎える素敵な試合」だとアスルグラナの監督。ルイス・エンリケにとってはクレのベンチで迎える最初のダービー戦となるが「特別なものが内包している試合」とし「暴力とは違うパラメーターの中で過ごすことになる」と話した。

エスパニョールはリーガ12位のポジションで日曜のダービーを迎えるが、ルイス・エンリケは「相手は後方を固め、カウンターでチャンスを狙って来るだろう」とみている。しかしながら「良い結果が出ているとはいえ、エスパニョールとの試合はいつでも難解な要素が一つ余計に加わる」と分析している。アストゥーリアス州出身の指揮官はその他の試合に意識を削がれないよう望んでいる。「我々が影響を与えることができる試合はこれだけ」。さらに「たくさんの大会でプレーする今後数週間ののち、今後の展開がよりはっきりしたものになるだろう」と見通しを語った。

わずかな日にちでたくさんの試合を消化することになるが、アスルグラナの監督は支配下選手の消耗を最少限に食い止めるミッションに立ち向かうことになる。この点から監督はダービー戦に臨む先発メンバーについては明言を避けているが「誰を選ぶかはどうでもいいこと。どういうメンバーでも我々は常に高いレベルの構成になる」と話した。メンバー構成についてルイス・エンリケは多くのオプションを手にしている。なぜならフェルメーレン以外はチーム所属の全選手が起用可能なのだから。

国王杯のウエスカで快勝、メスタージャでの最終盤での勝利劇を経て、バルサはエスパニョール戦で7連勝を狙うことになる。「試合終了直前での勝利というのはいつだって勢いを与えるもので、相手が強ければなおさら」と、ルイス・エンリケはバレンシア戦について振り返った。

最後に、ルイス・エンリケは午後5時にキックオフするダービー戦でカンプ・ノウの雰囲気が最高になることを期待している。「若い人たちにたくさん来てもらえるためにはとても良い時間だと思う」と締めくくった。


上に戻る