fcb.portal.reset.password

アトレティコ戦の試合中にウンスエと話をするルイス・エンリケ / MIGUEL RUIZ - FCB

満足しているものの注意深く—。ルイス・エンリケレオ・メッシが勝ち点3をもたらしリーガタイトル獲得につながったアトレティコ・マドリード戦の後、こういった姿勢を示した。「今この時点で、このタイトルを勝ち取るのために我々を手助けしてくれたすべての人たちのことを思い出している。特にそれは我々のファン」とアスルグラナの監督はコメントした。そのうえアストゥ−リアス人監督は「チームは勝利にふさわしかった」と考えており、「みんなにとってリーガに勝つというのはとても大きな満足感。安定した力が必要なタイトルであり、我々が偉大なレベルにあったことを示すものだから」とした。

もっとも、ルイス・エンリケにとってシーズンはまだ終わっていないとしている。「私たちに対して評価を下すにはまだ2つのタイトルが残っているが、リーガに勝つことは私たちをとても幸せにする」

いま家族や友人と勝ち取った成功を祝うため選手たちには2日の休日が与えられる。しかしルイス・エンリケはすでに次の目標を見据えている。「3試合、うち2つは決勝が残っている。リーガ最後の試合(デポルティーボ戦)のあと、カンプ・ノウでの国王杯決勝のことを考える番が来る。我々全員にとってとても興味深い挑戦」と締めくくった。

上に戻る