fcb.portal.reset.password

水曜の練習でペドロと話をするルイス・エンリケ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

記者会見でのルイス・エンリケ. PHOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

「私自身、自信とモチベーションを感じていてより良くやって行くためのことを考えている。自分がコントロールできることを考えている。同じ信念を持ち続け、選手たちもそうだとみている」。国王杯のエルチェ戦を前にした会見でルイス・エンリケ監督はこう話した。アノエタでの敗戦、またクラブの判断の後、アストゥーリアス州出身の指揮官は自身の気力について「初日と同じ希望がある。チームは成長の余地があるが、ポジティブな軌道にいると見ている」と説明した。

監督はリーガ前節で首位マドリードのつまずきを生かせなかったことについて「チームへの影響がある」と言う。そのうえで「ロッカールームの雰囲気はポジティブで、より良いものになるよう望んでいる」とした。レオ・メッシとの関係について問われると、ルイス・エンリケは「ロッカールームでのことはそこにとどまる。否定も肯定もしない。私の仕事は監督としてのこと」だとした。続けて「全選手との関係は当初のものと同じ。何も変わっていない。もしかするとより深く知り合っているかもしれない。その点でより良くなっている」と話した。選手たちが求めて来たことに対し私は話し合い、交渉しいくつかの点について寛大に対応したが、総じて私は要求高く、私の考えに忠実であり続けて来た

「今私が個人的に後悔するということは、どの選手に対しても全くない。シーズン終盤にタイトルを勝ち取るための目標を目指していて、私たちはその過程にいる」。またクレの監督はこう付け加えた。「私の息子たちを全員を同じように扱うことはないが、それは選手たちに対しても同じ。だが尊重すべき共通のノルマがある。グループはどの個人に対してもより重要なもの。選手たちが求めて来たことに対し私は話し合い、交渉しいくつかの点について寛大に対応したが、総じて私は要求高く、私の考えに忠実であり続けて来た」

「クラブ、選手たちからのサポートがある」

この点でキャプテンを務める選手たちの役割を説明した。「腕章を付けること以上の働きをしている。彼らがそういう役目を果たしているのを承知している。そういう傾向があるし、その準備ができている」。いずれにしても状況は「再び勝利する方向へ変わる」という確信があるとしている。本人も自信と確信を感じている。「私にはクラブと選手たちのサポートがある。初日と同じ強さを持ち続けている」。ジョセップ・マリア・バルトメウ会長とは日常的に連絡を取り続け「何の最後通牒も受けていない」と明らかにした。

会見の中でアンドニ・スビサレッタとそのプロジェクトチームとの思い出について問われると「十分な準備ができている人たち」だと評価した。同様にクレのファンについてもコメントしている。「私が唯一できるのはファンを讃えることだけ。私たちはすべての大会で可能性を残していて、私自身前向きな姿勢を持ち続けている。簡単にはいかないが、エルチェ戦で良い試合をするという考えで臨む」と話した。

国王杯の試合について、バルサの監督は以下のように分析している。「試合に関わるすべてのことを気にかけ、できるだけ気をそらさないようにすべき。他の試合より自分たちの選手たちの状態を気にかけている。なぜならとても好ましい状態ではないのだから」


Luis Enrique: "Me siento confiado y motivado" por fcbarcelona
上に戻る