fcb.portal.reset.password

Luis Enrique, en el duel contra el PSG / MIGUEL RUIZ-FCB

Luis Enrique got his 42nd win of the season over Paris Saint-Germain on Wednesday night at Camp Nou. / MIGUEL RUIZ - FCB

Luis Enrique durante un partit de Champions / MIGUEL RUIZ-FCB

チャンピオンズリーグでは準決勝進出、リーグ戦では首位、国王杯では決勝進出を決めている現在のFCバルセロナの活躍は目覚ましい。それは数字にも現れている。ルイス・エンリケは、FCバルセロナを率いて50試合を迎え、バルサ史上、最も多くの勝利をあげた監督となった。50人近くの監督がバルサを過去に率いており、その中のエレニオ・エレラやペップ・グアルディオラなどの記録を超えるものとなった。

実際、50試合中、エレニオ・エレラがあげた勝利数は40勝5分け5敗で、勝利数はルイス・エンリケより、2少ない。ペップ・グアルディオラは、37勝8分5敗だ。ヘラルド・タタ・マルティネスの数字とほぼ同じだ。また、 1988年から 1996年まで、バルサの監督として11タイトルを手にしたヨハン・クライフは、最初の50試合で 31勝13分6敗だった。

ゴール数でも圧倒的

ルイス・エンリケ は、今のところ、42勝3分3敗の記録を手にしており、チームのゴール数は143点、失点数は31と向かうところ敵なしといった数字だ。その内訳は、リーグ戦25勝、チャンピオンズ9、国王杯は全勝の8だ。

上に戻る