fcb.portal.reset.password

最近4試合で3度のハットトリックを達成したレオ・メッシ / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

  • レオ・メッシの3得点の最初は、バルサでの公式戦と親善試合を含めた通算400ゴール。その後2点を追加し402とした


  • この試合までアルゼンチン人選手はエスパニョール戦で9ゴールを挙げ、アスルグラナの伝説的な選手、セサルの記録まであと2点としていた。ハットトリックを挙げたあとメッシは計12点としダービーでの最多得点選手となった


  • レオ・メッシの最近数試合の得点実績はスペクタクルなもの。最近4試合のうち3度のハットトリックで計9点を重ねている、以上の対戦相手はエスパニョール、APOEL、セビージャとなっている


  • この数字により、メッシはリーガでのバルサの最多得点選手になった。13ゴールで、11点のネイマールを上回っている。さらにチャンピオンズリーグでは7点を決めている


  • エスパニョール戦でバルサは7連勝。これはリーガ、チャンピオンズ、国王杯でのもの。対戦相手はアヤックス、アルメリア、APOEL、バレンシア、ウエスカ、エスパニョールとなっている


  • チャビ・エルナンデスが自身30試合目となるダービーに出場した。アスルグラナのキャプテンは先発選手として出場することでこの数字を達成。1998/99季に最初の試合に出場して以来、20勝8分け、敗戦はわずかに2と非常にポジティブな結果を出している


  • セルヒオ・ブスケッツがバルサで通算300試合に出場。現所属選手としては5番目の数字になる


  • ルイス・エンリケは前回メスタージャでのリーガ試合から選手一人を入れ替えるにとどまった。イバン・ラキティッチがジェレミー・マテューに替わりは入り、ハビエル・マスチェラーノがディフェンスラインの軸に戻った。


  • ペドロ・ロドリゲスがリーガ初得点。なお水曜日にあったウエスカとの国王杯の試合ではすでにゴールを挙げていた


  • ルイス・エンリケはセルヒオ・ゴンサレスとのダービーで未だ負け知らず。2監督は選手時代にバルサ、エスパニョールのユニホームを着て7回対戦しているが、結果はアストゥーリアス人の3勝4分け。共に監督となってからの初対決でもルイス・エンリケは勝利を挙げていた

上に戻る