fcb.portal.reset.password

Leo Messi's Infographic (Champions League) 1000x410

ニコシアで決めたハットトリックで、レオ・メッシは、チャンピオンズリーグ史上最多得点王となった。ゴール数は74ゴールで、ラウル・ゴンサレスの記録を塗り替えた。前節にアヤックスのスタジアムでラウルの記録と並んでいたメッシだが、そのすぐ側にクリスチャン・ロナウドが70ゴールと迫っている。3人の中で試合における平均ゴールは、明らかにメッシに軍配があがる(0,81)。

アポエルの前に、メッシは右足で初のハットトリックを決めた。チャンピオンズリーグにおいては、右足で11ゴールを決めており、左足で59ゴール、ヘディングで 4 ゴールをマークしている。アウェーで34得点、ホームで38と訓、中立のスタジアム(ローマとウェンブレイ)で2ゴールを決めている。イニエスタ (9) とアウベス (8)が‘10番’のベストパサーであり、メッシは最多得点王を 2009, 2010, 2011、2012年に手にしている。

レオ・メッシは、リーグ戦で史上最多得点王の記録を破った三日後に、再び、新記録を達成することになった。 

上に戻る