fcb.portal.reset.password

ハットトリックでバルサと共に 402 ゴール目 / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

リーグ戦のテルモ・サラの記録を敗り、ラウルのチャンピオンズリーグでの記録を2週間前に破ったばかりのレオ・メッシが、再び、金字塔を打ち立てた。カンプノウにてアルゼンチン人選手は、ダービー戦でエスパニョールを相手にバルサに勝利をもたらしただけでなく、それも、バルサのユニフォームを着て402ゴール目を決めるという記録を達成したのだ。これは、バルサのトップチームでデビューしてから、公式戦、親善試合を足して達成した数字であり、メッシは、ハットトリックを決めただけでなく、ダービー戦で12ゴール目を決めて、ダービー戦における最多得点を決めた選手となった。

402ゴールは、異なった6大会と親善試合において、メッシがトップチームでデビューしてから、10年かけて達成したものだ。リーグ戦で、256ゴール、国王杯で29、チャンピオンズリーグで74、スペインスーパー杯で10、欧州スーパー杯で1、クラブワールドカップで4、親善試合で29だ。また、公式戦では444試合中374得点、親善試合で29得点を決めており、リーグ戦ではテルモ・サラを超えて最多得点王だ。

また、メッシはこの2週間で、上記のリーグ戦、チャンピオンズリーグ戦最多得点王の記録を手にしただけでなく、欧州大会でもアポエルを相手に総計74ゴール目を達成している。

上に戻る