fcb.portal.reset.password

昨年、12月にカンプノウでチャンピオンズリーグの解説をしたフアン・パブロ・ソリン/ MIGUEL RUIZ-FCB

公式クラブ雑誌、Revista Barça の2月号には、きしくもフアン・パブロ・ソリンが掲載されている。ソリンは、今週の水曜日に対戦するバルサ (2003) とビジャレアル (2004-06).の両クラブに所属した。同誌の‘元’選手を特集するページでは、カンプノウを一瞬、訪れ、その後、エル・マドリガルで成功を収めたときの様子を語っている。

「テスト期間は短かった。そのうち、6ヶ月はレンタルだったし、僕は自分の全キャリアをかけるつもりで臨んだ。僕はとても攻撃的なサッカーをしていたが、当時、チームは最悪な時を過ごしていたのかもしれない」と左サイドバックは思い起こした。ソリンはあの挑発をトレードマークに2003年の冬の移籍でやってきたが、チームは降格ゾーンの近くを彷徨い、監督が変わったばかりで低迷していた。

少しずつ、バルサはUEFAゾーンに入るまで、順位をあげていったが、最終節にセルタを相手に勝利をあげたのは、パブロ・ソリンのゴールのおかげでもあった。 バルサでのアルゼンチン人ディフェンダーは、特に負傷のせいで、輝かしいものとはならなかった。「グラウンド」\で練習し、その後、家でも多くのトレーニングを積んだ。練習や試合で調子がよくいられるように、一日中、 トレーニングに明け暮れていた。バルサで行なうセッションの全てが僕にとっては快楽だった」と告白した。

ブラジルで定住

その1年後、サイドバックは、移籍した。「ビジャレアルでは、ある意味、ラッキーなことにスペインサッカーの戦いを制することができた」と話し、「リベンジとはとらえなかったが、プレー時間を手にすることができて、僕らはチャンピオンズリーグの準決勝まで進出できたし、バルサと最後にほぼ争うことになって、最高のシーズンになった」と当時を振り返った。

今週の水曜日は、そのビジャレアルとバルサが国王杯準決勝で第二戦を戦うが、元選手、フアン・パブロ・ソリンは、それを遠くから追うことになる。具体的には、コパ・リベルタドーレスのクルゼイローウラカン戦のコメンテーターを務めるベロ・オリゾンテからだ。現在、元キャプテンのソリンはブラジルでサッカー解説を行なっており、ESPN局にて、その視点から解説を行なっている。

上に戻る