fcb.portal.reset.password

記者会見でのジョルディ・アルバ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

Jordi Alba, en rueda de prensa / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

ジョルディ・アルバ は、エイバル戦を「難しい試合」になると踏んでいる。バルサのサイドバックは、記者会見で、エイバルが「1部に昇格してから非常にいい試合を行っている」と話し、「僕が好きなタイプのサッカーをするチーム」だと明言した。なぜなら、「アウェーでもすごくいい試合」をするからであり、2-1で黒星を喫したビセンテ・カルデロンでの試合を例にあげた。エイバルはエルチェのホームで勝利をあげており(0-2)、サン・マメスでもドローを達成している(0-0)。「小さい時から、メッシが怪物的な選手になることは見えていた。他の誰とも比較できないよ」9日後にやってくるクラシコについて、何度トンク質問されたが、エイバル戦が今は一番大事だと話し、「まずはエイバルのことを考えなければならない。もし、勝たなければ、マドリードと勝ち点1点差になる。1試合ごとに進んでいかなければならない。全試合が決勝のようなものだ」と答えた。 

バルサの '18'番は、チームメートについても話した。まずは、今週の水曜日に2013/14ゴールデンシューを受賞したルイス・スアレスについて、 「彼が協力してくれることで、チームが向上すると確信している。だが、いつプレーするかは監督が決めることだ。状態がいい他のチームメートもいるのだから」と話した。デビューから10年目を迎えたレオ・メッシについては、「小さい時から、フェノメノ、怪物的な選手になることが見えていた。他の誰とも比較できないよ」と話した。 すごくよく適応した。とてもスピードがあり、パワーのある選手だ。僕はすごく彼が好きだし、ファンやクラブも素晴らしい獲得だったと思っていることだろう。最後にジョルディ・アルバは、バレンシアでも元チームメートだったジェレミー・マテューの適応についても話し、「すごくよく適応した。とてもスピードがあり、パワーのある選手だ。僕はすごく彼が好きだし、ファンやクラブも素晴らしい獲得だったと思っていることだろう」と付け加えた。

上に戻る