fcb.portal.reset.password

27歳を迎えたイバン・ラキティッチ/ FCB

27歳の誕生日を迎えたイバン・ラキティッチ / FCB

イバン・ラキティッチが今日3月10日、クレ選手として充実した瞬間を過ごすなか27歳の誕生日を迎えた。チーム中盤の重要な存在の一人の位置を確かなものにしたクロアチア人選手は最近数試合でチームの肺として動き回るほか、ゲーム展開力や得点でチームの国王杯、リーガ、そしてチャンピオンズでの活躍をサポートしている。

先発出場とベンチ待機で双方の役目を務めているものの、バルサの‘4’番の選手はルイス・エンリケにとり最も重要な選手の一人となっている。今シーズン出場時間で彼を上回るミッドフィールダーはいない。その証拠にアストゥーリアス出身の監督は選手がラヨ戦で30分に渡りボランチでプレーしたあと「どこのポジションでやろうと好きな選手。彼は今シーズンの偉大な補強の一人。戦術的なインテリジェンスが高くチームを助けている」と話した。

最近ではグラナダ戦、マンチェスター戦で好プレーを披露

もっとも彼本来のポジションは右サイドのオフェンシブハーフ。この位置からロス・カルメネスで2アシストと1ゴールを決め、グラナダの反撃を断った。続くマンチェスターでの役割はより黒子的なもの。チームメイトをサポートするために何キロにも渡って走り回りバルサ守備ラインを強化したほか、シティ相手に試合を優勢に進める後押しをした。

34試合に出場し5ゴール。イバン・ラキティッチはあらゆる役割を務め、様々な挑戦を前にシーズン終盤を迎える。リーガ、国王杯、そしてチャンピオンズリーグと自身にとり優勝経験のないタイトルを目指す

上に戻る
_satellite.pageBottom();