fcb.portal.reset.password

バルサTVに出演するアンドレス・イニエスタ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

アンドレス・イニエスタは、 2014/15年の開幕を期待を持って迎えている。第49回ジョアン・ガンペル・トロフィーで、クラブ・レオンを6-0で制した後、バルサTVにやってきたイニエスタは、その感触について語った。「開幕はすぐ側だ。僕らはうまくいくだろうという期待にあふれている。感触はいい」開幕はすぐ側だ。僕らはうまくいくだろうという期待にあふれている。感触はいいよ。その意味で、「プレシーズンは練習面においてとても生産的だった」と評し、エルチェ戦を前に「僕らがやってきた仕事が日曜日に反映されるように」願っていると話し、「僕らは全タイトルを狙えるだけの偉大なチームを手にしている」と話した。

また、監督が変わっても、コンセプトは同じだと明かし、「それぞれの監督は異なっているが、僕らが行ないたいプレーの基礎は同じだ」と付け加えた。 「最も大事なのは、チームが機能し、自動的に僕らが動けるようになることだ」バルサは将来を保証する大事な選手をたくさん抱えている。数年前まで、ユースからこんなに選手が輩出されることを考えるのは不可能だった。また、イニエスタはプレシーズン中、多くの若手選手が参加したことについて「バルサは将来を保証する大事な選手をたくさん抱えている。数年前、ホームからこんなに選手が出ることを考えるのは不可能だった。現在はそれが現実になった」とコメントし、「僕らにとっては、カンテラから新しい選手が出てくるのを見るのは嬉しいことだ。ある時期にはっきりと言われることも必要からもしれないが、普通に入って来ている。バルサはもう何年もとても健康的なロッカールームを手にしている」と明かした。

上に戻る