fcb.portal.reset.password

記者会見前のイニエスタ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

Iniesta spoke to the media this morning / PHOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

アンドレス・イニエスタは、2014/15年最初の記者会見を行なった。「僕らのやる気と最高の年にしたいという気持ちは非常に強い」と話し、「目標は毎年、同じ、タイトルを制覇することだ」と抱負を語った。「最初から良い感触を手にすること」が鍵だとバルサの‘8番’は話した。

新監督ルイス・エンリケとは、若かった頃のアンドレス・イニエスタがトップチームに上がったばかりの頃、重なっている。「僕らはとてもいい関係を保ってきた。彼がここにいてくれて嬉しいよ。とても良いシーズン荷なる可能性があると思う。彼は明確な自分の考えを持っている人だし、選手は監督のことを信頼しなければならない」と新監督について話した。中盤の選手にとって、ルイス・スアレスのような選手がいることは最も大事なことだ。また、新顔の補強、中でもルイス・スアレスについては、「ゴールを決めて、野心をもたらしてくれるだろうし、ピッチ内にはよりスピードがもたらされるだろう。中盤の選手にとって、彼のような選手がいることは最も大事なことだ。今だけではなく、今後においてここ数年の中でも最高の補強の一つだ」とコメントした。スアレスが現況で練習ができず、FCバルセロナでプレーできないことについて聞かれたが、発言を避けた。

イニエスタは、チャビ・エルナンデスが続投することになったことについても前向きに評価した。「バルサの選手で居続けるし、これは最高の朗報だと思う。彼のように長い間、チームにいる選手で、重要性があり、意味のあるチャビみたいな選手は、もし、いなくなったら本当に寂しく感じるだろう。今季の最高のビッグニュースの一つだ」チームに不足しているかもしれない部分をクラブは探してきた。また、トップチームの変遷については、「チームに不足しているかもしれない部分をクラブは探している」と話し、「今日では、うまくやらないと、勝つことは難しい」といい、「無冠の翌年に欲するのは、再び、勝ちたいということだけだ」とその決意を語った。

上に戻る