fcb.portal.reset.password

Iniesta, a l'acte a l'Antiga Fàbrica Damm / DAMM

Iniesta, celebrando uma vitória do Barça

Iniesta, celebrando uma vitória do Barça /MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]]アンドレス・イニエスタは、エストレージャ・ダムンのイベントで、バルセロナの旧ビール工場にて、ファンの質問に応えた。Twitter 、 Facebookを通して、ネットユーザーは、個人的に興味があることについて質問したが、中でも、イニエスタのプライベートについて、そして、バルサが過ごしている現況についての質問がメインとなった。

「チームの調子はすごく良いように思う。僕らは良くなっていった。全てにプロセスがあり、1シーズンの間には、それぞれの瞬間がある。最も大事なことは、中にいる人々が方向を変えることなく、その考えははっきりと持つことだ」と説明し、「チームは成長したし、苦境を乗り越えた。僕らは本来、達成するのがとても難しいものを制覇できる良いポジションにいるし、あと、決勝が二つ残っているが、両方とも手に入れることができる範疇にいるとわかっている」と付け加えた。

ベルリンの決勝は、「すてきでスペシャル」なもの

国王杯とチャンピオンズリーグについて、はっきりと質問されたイニエスタは、「決勝前の秘訣は、平常心を保つことだ。チャンピオンズリーグの決勝とリーグ戦の試合を戦うのは、同じではない。でも、同じようにプレーしようとすることだ。ある程度の経験を手にすることが、落ち着きをもたらすんだ」と応えた。とはいえ、ベルリンでの決勝は、「すてきでスペシャル」なものだと認めた。

最初のタイトル、リーグ優勝は、掌中にある。「一年をかけての努力の後,最も大事なタイトルを制覇したのだから、それにふさわしく僕らは祝った」と話し、その意味で、今回の成功の要因はグループの「敬意、互助精神、日々の努力と練習」にあると明かした。

彼の人生を振り返り、選手としてもっとも、目についた瞬間を疑うことはなかった。「最初の一歩は、トップチームでブルージュでデビューした時だった。レクレアティーボを前に戦ったカンプノウのデビューと同じくらいの重要性があった。僕にとって最も幸せな二日間だった」[[CITA_2]]

また、将来についても話し、「監督になる?3、4年前は考えたこともなかった。今は、

時間が進んでいるから、去る日が少なくなって来ているし、そのシチュエーションは前より好きになっている。でも、僕は現在を楽しむことが好きだからね。そのうち、わかることだろう」


Andrés Iniesta: "El equipo ha crecido y se ha... por fcbarcelona
上に戻る