fcb.portal.reset.password

ズラタン・イブラヒモビッチ (PSG).

バルサは火曜日に、パルク・デ・プランスで旧知と再会することになる。その中の二人が、元バルサの選手、ズラタン・イブラヒモビッチとマックスウェルだ。二人はカンプノウでの過去を振り返り、PSGとの対戦前にメディアの前に姿を見せた。イブラヒモビッチは負傷しており、ローラン・ブランが数に入れられない重要な欠場選手の一人だ。

2009/10年、バルサの選手として過ごしたイブラヒモビッチは、 「バルサと対戦するのは、僕にとってとてもスペシャルなこと。バルセロナではとても気持ちのいい1年間を過ごした。ピッチの内外で多くのことを学んだ」と当時を振り返り、チャンピオンズリーグでの対戦については、「バルサと戦うのは、特別なシチュエーションだ。僕らにとっても素晴らしい経験になるし、最高の試合になるだろう。僕らはバルサと戦う準備ができていると思う」とコメントした。

マックスウェル: 「戦術のスクール」

一方、2009年から 2011年までバルサでプレーしたマックスウェルは、明快だ。「FCバルセロナは、サッカーの教訓と同義語だった。僕のプレーにおける戦術のスクールになった」と話し、「スポーツ的に素晴らしい時期にたどり着き、僕らは多くのタイトルを手にした。選手は個人レベルでもチームレベルでも最高の状態にいた。僕にとっても偉大な瞬間だった」と付け加えた。

ブラン、バルサスタイルのファン

試合前記者会見で、ズラタン・イブラヒモビッチと共に現れたローレン・ブランは、「ホームでプレーするのだから、選手11人をディフェンスゾーンに見たくはない。プレーを仕掛けるように選手には話すだろう」とコメント。元バルサの選手でもあるブラン監督は「いつも、バルサの哲学はとても好きだった。バルサのプレースタイルは、この10年間の欧州サッカーを支配している」と話した。

上に戻る