fcb.portal.reset.password

Neymar, celebrant el primer dels seus 3 gols. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

Neymar, celebrando el primero de sus 3 goles. FOTO. MIGUEL RUIZ - FCB

  • 更なるローテーション. ルイス・エンリケは、スタメンのコンスタントなチェンジを続けている。レバンテ戦からマラガ戦まで、イレブンの顔ぶれは3人代わり、水曜日から土曜日にかけて、更に6人を変えた。また、新たにスタメンに味メテチャビを据えた。ルイス・エンリケは、記者会見で選手全員を必要としていると明言しており、実際、フェルメーレン(負傷から抜け出ている最中)とマシップ(まだ負傷中)、ルイス・スアレス(謹慎中)が唯一、プレーしていないだけで、自身のことばを裏付けている。
  • ディフェンス. 様々なバリエーションでディフェンスを試しているが、それが全試合において、防御の強固さを崩していない。6試合連続無失点、現在までリーグ戦で17-0という結果につながっている。グラナダとの試合は、マスチェラーノとマテューが相手の危険なカウンターアタックをスピーディに止めて活躍した。最終的にマスチェラーノは守備的ボランチの役割に代わり、センターバックをバルトラに任せた。
  • 心理的ダブルゴール 大抵、‘心理的ゴール’と表現するのは、ハーフタイム前、或いはハーフタイムが終わってすぐにゴールが来メッタ場合である。今回の試合では、バルサはグラナダに傷を負わせる2得点を決めた。ラキティッチのゴール(43分)とネイマールが45分に決めたゴールが決定的となった。
  • ラキティッチ クロアチア人選手の役割は、試合を追うごとに重要になっている。レバンテでのスーパーゴールの後、バルサの‘4番’は、再び、裏から飛び出し、ヘディングシュートを決めた。それ以外にも、ラキティッチは中盤でボールを奪うことに疲れをみせず、それも内容の伴ったプレーをみせた。カンプノウは、セルジ・ロベルトと代わってピッチを離れたラキティッチに大きな拍手を送った。
  • メッシとネイマール  メッシはよりアシストに集中し、ネイマールが得点を決めた。既にアスレティック・クラブ戦やレバンテのホームで見せたように、二人の息があい、ゴールが生まれた。今日は二人で5得点を生み出し、リーグ戦では既に11得点を決めている。ネイマールが6点、メッシが5点だ。更にメッシはアシストでも輝きを見せており、今日も、決定的なアシストを2回決め、既にリーグ戦で7アシストを決めている。

上に戻る