fcb.portal.reset.password

レバンテ戦でスアレスが決めたゴール / MIGUEL RUIZ-FCB

Célébration caractéristique de Luis Suarez/ MIGUEL RUIZ-FCB

ルイス・スアレス は、FCバルセロナの初年度に、クラブとチームプレーに適応する能力を証明した。この活躍ぶりは、実際のピッチ上の数字となって現れている。

ルイス・スアレスがデビュー初年に残した偉大な数字は、下記の通り。:

43 試合:  2014年10月25日にレアルマドリード戦でデビューし、その日から6月6日までプレーに参戦した数。 内訳は、リーグ戦で 27 戦、チャンピオンズリーグで10、国王杯で 6 


25 ゴール: デビューして一ヶ月で、ゴールデビューを果たした。チャンピオンズリーグのアポエル戦で初得点を決め、その後、シーズンを通して リーグ戦で16 、チャンピオンズリーグで7、 国王杯で2 得点を決めた。


エリア内で23ゴール : 最終ラインでの嗅覚を証明している。マークした 25得点中、エリア内で決めたのが 23、右足で 18、左足で6、ヘディングで  1 得点を決めている。


21 アシスト: 史上最高の得点を生み出した攻撃3人組だが、ゴールだけでなく、アシストの数も分け合っている (リーグ戦で14 , チャンピオンズリーグで3、 国王杯で4 ).


128 回: シュートを試した回数は128回に上った (リーグ戦で75 , チャンピオンズリーグで38、 国王杯で 15)


161 回: 攻撃のセンターから、最多回数プレーしながら、パスカットをトライした数は 161回  (リーグ戦で109 ,チャンピオンズリーグで 31 、 国王杯で 21). そのうち、成功したのは、61回 (リーグ戦で36, チャンピオンズリーグで17、国王杯で 8)だ。


91 回: プレスをかける仕事の中で、スアレスは、また、相手と戦い、91回、ボールを取り返した (リーグ戦で51回、チャンピオンズリーグで26回、国王杯で14回)。その一方で、ボールを失った回数は  582回だった  (リーグ戦で361回、チャンピオンズリーグで135回、国王杯で  82回 ).

 


上に戻る