fcb.portal.reset.password

Rakitic i Messi celebren un dels gols contra el Granada, a la primera volta / MIGUEL RUIZ-FCB

バルサは、再び、リーグ戦で新たな試合に望む。今度の対戦相手はグラナダだ。バルサの目的は、明確であり、首位のマドリードへプレスをかけに行くことにある。マドリードは明日の夜、ビジャレアルと対戦予定だ。先週、マラガを前に予想外に黒星を喫した(0-1)ために、バルサは再び、首位から勝ち点4点差となった。カルメネスでのミスは許されない。 

エティハドでの姿勢で

とはいえ、最も最近の試合で、ルイス・エンリケの率いる選手達は、マンチェスターで火曜日に見事なゲームをやってのけた。シティを相手に1−2でチャンピオンズリーグ16強の第一レグを制したのだ。この大会は、3週間ほどここで止まることになる。

今回の試合は、アウェーであり、それも16時というイレギュラーな時間帯に行なわれるため、通常と異なり、コーチスタッフは金曜日に召集リストを発表した。18人の選手と共に、グラナダへ遠征するが、累積欠場でピケは帯同せず、また、負傷欠場のフェルメーレンほか、マシップ、ドウグラスー医師からの了承がでたー、セルジ・ロベルトが監督判断により、遠征しないことになった。

アンダルシアの急務

一方、グラナダは、現在、残留ゾーンまで後、勝ち点4という状況で、バルサに歯牙をむくことになる。前期にカンプノウで6−0で負けたチームとは、現在は、全く異なっている。監督が代わり、その時から7人もの選手を補強している。

現在の監督、アベル・レシノは、負傷者を3人(マインス、ピティ、スライマン)抱えており、4人が処分欠場(インスア、フアン・カルロス、コルンガ、エル・アラビ)という状態で試合に臨む。

上に戻る
_satellite.pageBottom();