fcb.portal.reset.password

ゴッツェが延長戦でゴールを決めた / FOTO: FIFA.COM

Neuer i Messi, premiats per la FIFA / FOTO: FIFA.COM

ドイツが新たなワールドカップチャンピオンとなった。113分にマリオ・ゴッツェが決めたゴールがPK戦を避け、マスチェラーノとメッシのアルゼンチン代表をリオ・デ・ジャネイロで制することになった。ドイツにとっては、史上4回目のワールドカップ制覇となった。

バルサの選手、レオ・メッシとハビエル・マスチェラーノは、二人ともスタメン出場し、120分間プレーしたものの、1986年以来の優勝杯を手にする一歩手前で引き止められた。

ゴール寸前も

前半、ポゼッションを有していたアルゼンチンは、ゴールチャンスを手にしていた。クロースのミスから得たチャンスをイグアインが生かせず、また、メッシがラベッツィに向けてチャンスメイクしたプレーがゴールにつながったものの、イグアインが決めたそのゴールは取り消されることになった。一方のドイツは、メッシとラベッツィに苦しまされ、試合前の練習中に負傷したケディラに代わって入ったクラマーも、続いて負傷する展開となった。

メッシの足元に

アルゼンチンはハーフタイムの後も攻撃し続け、メッシが正面から受けたボールを放ったクロスシュートは、ほんの数ミリの差でゴールマウスに吸い込まれなかった。スタンドはバルサの‘10番’のゴールを確信して叫んだほどだった。
その後もイグアイン、メッシとも再び、チャンスを手にしたものの、試合はスコアレスドローのまま、終わった。

ゴッツェが決めた

延長戦が始まり、シュールレ、パラシオが続けて明確なシュートチャンスを手にしたものの、最終的に試合を決めたのは、ゴッツェのスーパーゴールだった。シュールレが左から出したボールを胸でトラップし、コントロールするとゴールに押し込んだ。そのゴールがワールドカップを決めた。

メッシ、大会のMVPに

レオ・メッシは、2014年ワールドカップのMVPに選ばれ、決勝の試合後、賞を受け取った。

メッシはアルゼンチン代表のキャプテンであり、4得点を決め、代表の得点王だった。また、24才にして初めて決勝をプレーしたアルゼンチン人選手となった。

バルサのクラックは、ブラジルのゴールデングローブ賞を受賞したマヌエル・ノイアーに付き添い、悲しげな表情で賞を受けた。

上に戻る