fcb.portal.reset.password

バルサで25得点目を祝うジェラルド・ピケ / VÍCTOR SALGADO - FCB

ジェラルド・ピケは、「いつもゴールを決めてきた」選手だとルイス・エンリケが記者会見で話したが、今季は、かつてない程、ゴールを決めている。今季、既に6得点を3大会ーリーガ、国王杯、チャンピオンズリーグーで決めており、それはバルサに来てからの7年間で過去最高の数字だ。

今週末、ピケが決めたゴールは、ラヨ・バジェカーノを前に6−1の勝利を与えるきっかけとなった。ピケにとっては、バルサのユニフォームを着て26ゴール目となった。

バルサの '3'番は、カンプノウで行なわれたアポエルとのチャンピオンズリーグ第一節で、今季、得点デビューし、その後、決めた6ゴール中5ゴールはホームで決めている。犠牲者となった対戦相手は、エスパニョール、コルドバ、ラヨであり、アウェーではエルチェを相手にマルティネス・バレロでのゴールを決めている。また、国王杯では、ビジャレアルとの準決勝第一戦で得点を決め、その時はやはり、ホームスタジアムで決めている。 

現在、バルサのトップチームで7シーズン目を迎えているジェラルド・ピケの過去のゴール暦は、下記の表にある通りだ。 

シーズン ゴール (出場試合数)
2008/09 3 (45)
2009/10 4 (49)
2010/11 4 (51)
2011/12 2 (38)
2012/13 3 (44)
2013/14 4 (39)
2014/15 6 (28)*

* 現シーズン

上に戻る