fcb.portal.reset.password

Gol de Rivaldo al València / MIGUEL RUIZ

今週末に行なわれるバルサ-バレンシア戦だが、この試合は大抵、ハイボルテージのゲームにあることが多い。そのベスト5シーンを振り返る。 

1996/97: ロナウドのハットトリック (3-2)
サー・ボビー・ロブソンがバルサを率いていた時であり、全てはロナウドの力技でねじ伏せられた。この夜、ブラジル人アタッカーは、神がかり的なハットトリックを決め、バレンシアのディフェンスの前に彼を止めることができないという印象を与えたのだった。


2000/01: リバウドのオーバーヘッドゴール(3-2)
リーグ戦最終節で、バルサとバレンシアはチャンピオンズリーグの最終枠を競っていた。バルサは勝つ必要があり、89分に時点でスコアは2-2だった。その時、フランク・デ・ブールがセンターからエリア内にボールを送り、リバウドは正面から胸でトラップし、周囲をあっと驚かすハットトリックをオーバーヘッドで決め、永遠に語り継がれることになるゴールを決めたのだった。


2008/09: アンリの見事なハットトリック (4-0)
歴史的な三冠への道を歩んでいたバルサは、リーグ戦でセビージャ、バレンシア、マドリード、ビジャレアルと続けて試合を行なわなければならなかった。その途中でティエリー・アンリが大きな役割を果たし、バルサにハットトリックをもたらしたのだった。


2011/12: メッシのポーカー (5-1)
レオ・メッシは 2009/10年、そのセンセーショナルなハットトリックでバレンシアにとっての悪夢となった。その2年後、メッシは更に恐ろしい存在となった。アルゼンチン人クラックはバルサの逆転劇ーピアッティのゴールでバレンシアが先制ーに参加し、続けて4ゴールを決めたのだった。最後のゴールはシャビが決めた。 


2014/15: バレンシアに驚かされた逆転 (2-3)
最後にバレンシアが訪れた時の試合は、いまだにバルサファンの記憶に残っていることだろう。予想と異なり、フアン・アントニ・ピッツィはカンプノウで勝ち点3を奪い取った。バルサは最初にアレクシスのゴールで先制したが、バレンシアはパレッホ、ピアッティ、アルカセルのゴールで逆転し、バルサのリーグ優勝の可能性を減らしたのだった。

上に戻る
_satellite.pageBottom();