fcb.portal.reset.password

2008/09年のゴールを祝うチーム / MIGUEL RUIZ-FCB

1) リバウドのス

1998年5月10日、最後から2週目の節でリバウドは、バルサのプレーヤーとして最高のゴールの一つを決めた。ピッチのほぼセンターから放ったシュートは、カルデロンの全員を驚かした。その先制点でバルサは、スコアを0−1にしたものの、FCバルセロナはその後、5−2で試合を終えた。


2) 0-6の日

El 20 de mayo de 2007年5月20日、やはりリーグの終盤が迫っていた時期にバルサはカルデロンで最も点差の大きい試合を行なった。結果は、0−6であり、ゴールを決めたのはメッシ(2)、ザンブロッタ、エトー、ロナウディーニョ、イニエスタだった。


3) ロナウディニョのオヘッド

その1シーズン後、2008年3月1日、ロナウディーニョはカルデロンにて彼のFCバルセロナの選手として最後のゴールを決めた。それは素晴らしい芸術的作品であり、GKのアビアティは止めることができなかった。リバウドが決めたゴールのように、先制点となったそのゴールはバルサに勝利をもたらすことにはならなかった。 (4-2).


4) ハットトリックとメッシへの拍手

メッシのアウェーでの最初のハットトリックは、アトレティコ・デ・マドリードのスタジアムだった。2009年1月6日のことであり、国王杯の16強第一戦の試合だった。そのゴールがバルサにカルデロンでの勝利をもたらし、メッシはスタンドからの拍手を浴びた。


5) 2013年の花道

2年前、FCバルセロナは、カルデロンを特別な状態で訪れた。その前日、エスパニョールを前にレアルマドリードが破れたため、数的にリーグタイトルはバルサのものとなったのだ。そこでカルデロンで花道を作られたのだった。試合は、1-2に終わった。

上に戻る