fcb.portal.reset.password

Neymar Jr celebra el seu gol / MIGUEL RUIZ-FCB

1) アウベスに代わって入ったモントヤ ルイス・エンリケは、最終的に累積欠場のダニ・アウベスの代わりにマルティン・モントヤを起用することに決めた。右サイドバックは、今季の11試合目をプレーし、77分間、良いレベルで参戦した。スコアが0−3になった時点で、アドリアーノと交代した。


2) メッシーネイマールJrコネクション アルゼンチン-ブラジルコネクションが、対戦相手を混乱に陥れた。特に試合の最初の20分間は、そうだった。ポストにシュートを送った後、バルサの10番は、ネイマールJrにアシストを送り、ネイマールJrはそのプレゼントをシリグの前にミスすることはなかった。


3) ティアゴ・シルバとイニエスタの負傷 ネイマールJrがゴールを決める前、PSGの最終召集リストに入ったダビッド・ルイスがアップを始めた。ティアゴ・シルバが負傷し、ピッチを離れたためだった。FCバルセロナも同様に、イニエスタが負傷し、代わってシャビが入ることになった。


4) スアレスマジック ウルグアイ人アタッカーが決めた2ゴールが、進出に近づけた。最初のゴールはダビッド・ルイス、マルキーニョス、マックスウェルを抜いて決めたものだった。2ゴール目は再び、ダビッド・ルイスは再び、スアレスが立ちはだかった。バルサの‘9番’はセンセーショナルなゴールを突き刺し、マンチェスターシティでの試合同様、ダブルゴールを決めたのだった。


5) アンラッキーなファイナル. PSG は、ラッキーにも点差を縮めることができた。フアン・デル・ヴィールが放ったシュートをマテューが触り、サイドバックからのシューチに構えていたテア・シュテーゲンを驚かす形となった。


上に戻る