fcb.portal.reset.password

カルデロンでのメッシゴール / MIGUEL RUIZ-FCB

メッシ: メッシはカルデロンで 0-1を決め、それがリーグ優勝へとつながった。65分であり、エリア内でペドロとのワンツーで持っていった後、GKオブラックのゴールにシュートを突き刺した。この大会における41回目のゴールであり、再び、クラックが決定的や役割を果たしたのだった。


コルネジャにおけるマドリドの: バルサはタイトルを祝うためにアトレティコで勝利を余儀なくされた。コルネジャでマドリードが後半、快適に勝利をあげていると届いたニュースがバルサに勝利を義務づけた。カルデロンでの勝利は、まだ大会の1節を残した状態でリーグ優勝を可能にしたのだった。

スアレス: バルサのラインアップには、大きなニュースがあった。ルイス・スアレスがハムストリングの違和感を引きずっていたため、最終的に召集から外れた。そのため、メッシはより、中心でプレーし、ネイマールが左にペドロが右サイドでプレーした。攻撃の3人は非常にアクティブにプレーし、多くのゴールチャンスを生み出した。


固なディフェンスとクラウディオブラボ: リーグ戦で最も失点数の少ないチームとしてのバルサの勢いは止まらない。ここまで37節中19失点のみであり、カルデロンでは再び、鉄壁の守備を見せた。アウベス、ピケ、マスチェラーノ、アルバは、隙のないラインを創り出し、アトレティコがわずかに生み出したセットプレーチャンス、前半8分のヒメネスのヘディングシュートなどは、ブラボがセーブする役を担った。ブラボはサモラ賞を得ることになるだろう。

アトレティコを前に4度目の: 昨季、アトレティコを相手に、バルサは6回に渡り、勝利をあげることはできず、それどころか、アトレティコはカンプノウでリーグ優勝を果たした。今季、その流れは変わった。4試合中バルサが4勝を収め、また、その全試合がバルサの優勢を感じさせるものだった。

 

上に戻る