fcb.portal.reset.password

Mascherano, en l'anterior eliminatòria / MIGUEL RUIZ-FCB

今晩、歴史的な夜をカンプノウで過ごすことになる。伝説的な夜だ。バルサとバイエルンがチャンピオンズリーグ準決勝で対決するのだ。疑いなく、この2チームは欧州大陸最強の二者だ。試合には、スター選手が勢揃いし、プレビュー前からサポーターの目を惹く出来事がある。ペップ・グアルディオラのカムバックだ。バルサで最もその栄誉を讃えられた監督が、バイエルンをベルリンの決勝へ導くために、カンプノウに戻ってくる。また、グアルディオラと共にもとバルサの選手、ティアゴとレイナもやってくる。

試合は 2012/13年に準決勝で起きたことに縛り付けられている。その年、ドイツ勢に、7−0で負かされたのだ。もちろん、それは4年前の出来事だが、その後、5-1のスコアを手に、ベスト8で敗退したのだった。

バルサは、これ以上はないというシチュエーションを手に今夜の舞台を迎える。リーグ戦では後、3節を残して首位であり、国王杯では決勝進出が決まっており、チャンピオンズではマンチェスターシティとPSGを負かしてここまできた。欧州大会最後の壁は、バイエルンのみだ。

ジェレミー・マテュー がアキレス腱に違和感を感じているため、欠場するが、ルイス・エンリケが召集できない選手はそれが唯一だ。監督判断により、マシップ、ドウグラス、モントヤ、セルジ・ロベルトが招集外になった。また、フェルメーレンが今回、初招集された。

バイエルンは一方で、カンプノウには、ブンデスリーガの覇者としてやってくるが、カップ戦は最近、落としたばかりだ。グアルディオラのチームは、選手の負傷にシーズンを通して泣かされてきた。この試合で、グアルディオラはアラバ、リュベリー、ロッベンを起用できないが、偉大なレバンドスキーがやってくる。例の有名なマスクをつけて、ピッチに立つことだろう。

上に戻る