fcb.portal.reset.password

試合中のメッシとシャビ / MIGUEL RUIZ-FCB

リーガは最も決定的な終盤に差しか勝てキタ。セルタを土曜日に制した後(0-1)、FCバルセロナは今週の水曜日、元バルサの選手、セルジ・バルジュアンを新監督に迎えたばかりのアルメリアと戦う。この4日間の間で2回目の試合であり、バルサにとってはリーガの行く末を決める鍵となる週だ。土曜日にはセビージャとの対戦が待っている。

リーガでのメリットをキープし続けるためにー迫ってくるライバル次第ではなく、自らの力のみでリーグを手にするためには勝ち点を増やすしかないー、ルイス・エンリケは18人の選手を召集した。トップチームの選手はセルヒオを除く全員が召集可能だが、今回、セルヒオは累積欠場、更に、ジョルディ・アルバとフェルメーレンは負傷欠場、監督判断で、マシップ、ドウグラスが召集から外れた。

急務を要するアルメリア

対戦相手のアルメリアは、重要な選手が不足している。ベレス、ミチェル、ベルサが負傷しており、マウロ・ドス・サントス、ドゥバルビエルが累積欠場となるため、セルジ・バルジュアンは、チームを率いて最初のイレブンを新顔で形成することを余儀なくされる。現時点でアルメリアは順位表で19位であり、残留まで勝ち点4が必要となる。カンプノウで勝ち点をあげたことは、いまだかつてない。

 

上に戻る