fcb.portal.reset.password

ゴールを祝うネイマールとマテュー / FOTO: ARCHIVO FCB

再び、バルサに大きな試合がやってくる大事な週が訪れる。今日の午後、まずは、リーグ戦8節目にあたるエイバル戦が行われる。この試合は、ここからの流れに乗るためにも、失敗するわけにはいかない。火曜日には、チャンピオンズリーグ戦があり、カンプノウにアヤックスがやってくる。そして土曜日はベルナベウでのクラシコがあり、マドリードが待ち構えている。

現在、ルイス・エンリケ・マルティネスが率いているチームの真の状態をはかる絶好の機会となるだろう。国際試合のため、リーグ戦が一度、止まった後、ルイス・エンリケはほぼ、全員を手にすることができており、例外は負傷しているドウグラスと処分中のルイス・スアレスのみだ。

土曜日の朝、発表になった召集リストでは、選手18人を召集し、モントヤ、ラキティッチ、セルヒオ、フェルメーレン、マシップが監督判断でリストから外れた。唯一、確実なのは、ペドロのスタメンだ。昨日の前日記者会見で、監督が明言している。

二つの記録

今日の午後、再び、クラウディオ・ブラボの記録がどこまで伸ばされるかも注目される。現在まで、リーグ戦7節を終えて、無失点で抑え続けているからだ。もう一つの注目されている記録達成は、レオ・メッシだ。リーグ戦における最高ゴール記録、テルモ・サラ(251)の数字まで、後、2得点と迫っている。

カンプノウにやってくるサポーターは、初めてエイバルを見ることになる。このバスクのチームは、トップチームに昇格し、好成績をあげており、現在、勝ち点9で9位についている。監督のガイスカ・ガリタノは、アタッカーのアルバレナ(負傷)とアンヘル(監督判断)抜きで試合に挑む。 


上に戻る