fcb.portal.reset.password

Suárez i Messi celebren el 6-1 / VÍCTOR SALGADO-FCB

Luis Suárez après un but / MIGUEL RUIZ-FCB

リーグには新しい首位が刻まれた。FCバルセロナだ。今週の日曜日、カンプノウにて既に勝ち点62を手にし、後、16節を残して、レアルマドリードを超えた。首位奪回は、素晴らしいサッカーの集大成の結果だった。太陽とサッカーと。この二つに恵まれた午前中、スアレスはダブルゴールを決め、メッシはハットトリックをマークし、ピケが再び、ゴールを決めた。勇敢に向かってきたラヨだが、後半はその姿を消してしまった。

スアレスが先制点

今週の日曜日、カンプノウでは早い時間にゴールが生まれた。また、通常では見られないサッカーが行なわれた。正午キックオフという時間のみならず、対戦相手が提案するサッカー内容も普通ではなかった。カンプノウで、バルサのポゼッションに挑んでくる対戦相手は非常に稀だ。両者の掛け方は異なっているにしろ、カンプノウをいっぱいにしたサポーターの目を、楽しませるものとなったことは確かだ。通常、カンプノウで出会う対戦相手は、ディフェンシブにくるチームが殆どだからだ。

FCバルセロナも先制点を決めるのに、殆ど時間がかからなかった。シャビのファーストタッチから繰り出されたパスをスアレスが受け、右足でデリケートに触れ、ゴールに押し込んだ。バルサはラヨが創りだすスペースを利用した。ラヨは勇敢なプレースタイルで効果的にプレスをかけてきたが、ディフェンス面でのスピードに欠けた。
その脆さは、バルサに使われることになった。ネイマールJrの欠場の穴はペドロが埋め、スアレス、メッシと共に次々と危険なプレーを生み出した。

ダイレクトサッカー

後半は前半とがらりと様相を変えた。コーナーキックからのプレーが、ピケのゴールに姿を変えた。バルサは2−0で満足することはなかった。その数分後、スアレスがPKを誘発し、ラヨを10人ーティトが退場ーにした。最初のトライではミスしたメッシだったが、多くのラヨの選手がPKを蹴る瞬間にエリア内に入り込んだことを受けて、主審がそれを無効としたため、再び、蹴ってそれをゴールに変えた。

PKは、この日メッシが13分間の間に決めた3ゴール中の最初の得点に過ぎなかった。アルゼンチン人クラックは、その後、4点目、5点目も続けて決めて、リーグ戦において最多得点王を走っているクリスチャン・ロナウドの記録と並んだ。

前半に繰り広げたラヨのプレーは、もう残っていないようだった。ピケとメッシのゴールと10人という数的不利な状況が、ラヨの精彩を奪うことになった。アウベスー退場になったーが犯したPKで、ブエノが1点を返したものの、最後の一言を決めるのは、首位チームの方だった。メッシとスアレスが再び、コンビネーションを組んで、最終的にバルサのスコアを6−1にし、リーグ戦の首位を再び、奪回することになった。

上に戻る