fcb.portal.reset.password

パリ・サンジェルマン戦でのダニ・アウベスとパストーレ / MIGUEL RUIZ-FCB

FCバルセロナは10試合で9勝を挙げ準決勝に進出した。これは2011/12シーズン大会以降、どの欧州チームも果たしていない


上記9勝のうち8つは連続。FCバルセロナは、別の大会方式で11勝した2002/03シーズン以降これだけの勝利を挙げていなかった


パリ・サンジェルマン戦(20FCバルセロナ今季50試合消化。結果は42勝3分け5敗ととてもポジティブなものとなっている


バルサが最近8年で7回目のチャンピオンズリーグ準決勝進出。最近10年では8回目のことになる


ネイマールJrは公式戦合計で30ゴール、同じ試合数(41)で昨季の2倍の結果を出している


ブラジル人フォワードは今季バルサがパリ・サンジェルマンと対戦したすべての試合で得点している。4試合で5ゴールになる。


アンドレス・イニエスタとダニ・アウベスの2人がネイマールJrに得点をお膳立て、両選手ともに今季のチャンピオンズリーグで3アシストになる


ブラジル人選手の2ゴールはレオ・メッシネイマールJrルイス・スアレスで構成されるバルサFW陣の得点数を伸ばした。これで3選手合計で95点となっている


アスルグラナの守備陣は再び失点0とした。FCバルセロナは今季ここまで28試合で無失点となっている。ブラボは32試合で18、テア・シュテーゲンは17試合で10回


アスルグラナのサイドバック、ダニ・アウベスジョルディ・アルバは11、10回と最もボール奪取した選手だった


そのうえ2人のディフェンダー最多のパス成功数を記録した。カタルーニャ出身の選手は94回のパス成功。一方のブラジル人選手は80回だった。以下、2人のサイドバックの選手がパリ・サンジェルマン戦で成功させたパスを図で振り返る。数字の18はジョルディ・アルバ、22はアウベス

       

上に戻る