fcb.portal.reset.password

Celebració del 2-0 de Neymar i Alves / MIGUEL RUIZ-FCB.

Os craques culés celebram o 2 a 0 no Camp Nou

Os craques culés celebram o 2 a 0 no Camp Nou / VÍCTOR SALGADO-FCB

5-1は、バルサとPSGの勝者を明白に表すスコアだった。パルク・デ・プランスで優勢に断ったバルサは、チャンピオンズリーグの準決勝への切符をカンプノウで堂々と手にした。見た目に美しく尚かつ効率的なイニエスタとネイマールのコンビネーションが2得点を叩き出した。全てを制した後、バルサには選手を休ませる余裕すらあった。 8年間で7回目の準決勝進出が決まった。

両者ともスタートから、様子を伺っているかのようだった。バルサは第一レグでの1-3のおかげで快適に試合をコントロールしており、PSGは、意外なほどにアグレッシブさがなく、それよりも早い時間にゴールを決められるのを恐れているかのようだった。そこに天才的なアンドレス・イニエスタが前半12分の先制点を生み出した。バルサのキャプテンは、中盤で3人のライバルを優雅にすり抜け、ゴールを手渡すかのように、そのボールをネイマールに出したのだった。

ベラッティは、わずかながら、リアクションを起こしたが、バルサは相手の攻撃に対し、集中力のあるディフェンスで答え、PSGに前半を全くチャンスを与えなかった。チームの試合の読みは当たり、ひたすら、チャンスを待った。2−0は弱火での料理を煮込むかのごとくであり、ボールはひたすら、バルサの掌中にあった。また、この日、偉大なプレーを見せていたアウベスがミリメーターの正確さでセンタリングを出し、それをネイマールがヘッドで押し込んだ。巨大なバルサのプレーは、イブラヒモビッチやカバニ、ダビッド・ルイスなどを消し去る力があった。

 後半、最高の動きを見せていたイニエスタに変わってシャビが、ブスケッツに変わってセルジ・ロベルトが入った。今後の試合スケジュールを見据えての交代だった。PSGの最初の攻撃があったが、進出を決めるための時間はもう、目の前に迫っていた。カンプノウのスタンドは、進出を喜び、謡、競争力のある選手のチームスピリッツを褒め讃えた。ベラッティやイブラヒモビッチは、チャンスを手にすることもできず、驚かすこともなかった。

 シャビのインテリジェンスが試合のコントロールに繋がった。攻撃の3人組の飽くなき野心のみが、シナリオにないものだった。バルサはチャンピオンズリーグ準決勝に、その実力を見せつけて、堂々と進出を決めたのだった。

上に戻る