fcb.portal.reset.password

Un instant del partit d'anada a l'Etihad / MIGUEL RUIZ-FCB

バルサとマンチェスターシティが今夜、再び、カンプノウでチャンピオンズリーグ16強第二戦を戦う。バルサは、第一戦をエティハド・スタジアムで、見事なプレー内容と共に1−2で制したメリットを手にしている。今度は、ホームのカンプノウで制し、試合を決める番だ。とはいえ、このようなハイクオリティの対戦相手は、そう簡単にはあきらめない。

これは、バルサにとって鍵となるビッグウウイーク最初の試合だ。今日はチャンピオンズリーグのベスト8進出を賭けて戦う。そして日曜日には、リーガを賭けて、レアル・マドリードとのクラシコが待ち受ける。

ブスケッツ抜きで

前日記者会見で、ルイス・エンリケは、目の前にある試合のみ、つまり、シティ戦のみに集中すると明言した。バルサのコーチスタッフは、召集リストを水曜日の午前中に発表する予定だ。そこには、負傷しているブスケッツ、フェルメーレンの名前はないだろう。

その一方でシティは、カンプノウに難しい状況を手にやってくる。最後にバーンレイのピッチで黒星を喫したことが、プレミアムリーグでの首位争いから遠ざけた。シティは、この大会の優勝候補の一つだが、最近、バルサと戦った3試合で負けている。マヌエル・ペレグリーニ監督は、トゥーレ・ヤヤを取り戻し、一方で累積警告により、サイドバックのクリッチーが欠場となる。

上に戻る
_satellite.pageBottom();