fcb.portal.reset.password

Suárez, a l'últim partit de Lliga a casa / MIGUEL RUIZ-FCB

あとはノンストップだ。リーグ戦が、今週の火曜日、再び、行なわれるが、バルサはヘタフェをカンプノウで受け入れることになる。残っているのは5試合だ。チームは勝ち点2点差で首位を走っており、レアルマドリードが水曜日にアルメリアを相手にベルナベウで戦うkとになる。バルサは、厳しいスケジュールの中で対戦相手を前に、きっちりと結果を出してきた。今、本当の最終段階に入った。リーグ戦においても、チャンピオンズも、国王杯もミスは決して許されない。

召集リスト

23人のトップチームの選手が完全な状態で今季、プレーできる準備が初めて整った。トマス・フェルメーレンは日曜日に完治通告を受けて、チームの一員として数に加わった。ジョルディ・アルバは、コルネジャで前節に退場処分を受けたため、今回は欠場となる。また、マシップ、ドウグラス、ピケも前述のフェルメーレンと合わせて、今回は出場を見送られることになった。

一方のヘタフェは、カンプノウに比較的、快適な状態でやってくる。現在、13位の位置におり、降格ゾーンのずっと上にいるからだ。1シーズンに3人もの監督を手にし、多くの選手ノ顔ぶれが変わったことを思えば、そのメリットは大きい。今夜、現監督であるパブロ・フランコは、サラビア、ディエゴ・カストロ、アルバロ・バスケスといった重要な選手を数に入れることはできないが、前節、欠場していたディフェンダーのアレクシスとベラスケスを取り戻している。

 

上に戻る