fcb.portal.reset.password

ゴールを祝うメッシとネイマールJr/ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

バルサはリーグ戦の開幕寸前だ。クラブ・レオンを相手に49回目のジョアン・ガンペルトロフィーで、6−0の成績を収めたことは、あと、開幕戦のエルチェ戦まで6日間と迫った現時点で非常にいい感触をもたらした。ゴールを決めたのは、メッシ、ネイマールJr(2)、ムニル(2)、サンドロだ。ヘルシンキ同様に、期待あふれる結果を出し、また、更にルイス・スアレスのデビュー戦にもなった。カンプノウは、負傷しているテア・シュテーゲンとフェルメーレンを除いた新戦力選手のデビュー戦の舞台となった。 

クラックの時

試合は、バルサBの選手不在の状態でスタートした。まだ、今季、多くのプレー数を重ねていtない選手(アウベス、マスチェラーノ、ネイマールJr、メッシ)及び新顔4人(ブラボ、マテュー、ラフィーニャ、ラキティッチ)がそろい、土曜日のエルチェ戦のスタメンに近い顔ぶれでプレーしたことは、スタートから満足感を呼び起こした。

実際、最初のゴールを決めるまで、3分間しか必要としなかった。それはメッシのヘディングであり、ネイマールJrのアシストを受けてだった。ネイマールは、イニエスタとメッシの素晴らしいアシストを受けて、3点目をマークした。

ハーフタイムは、3-0で迎え、もっと決められたという感触が残った。ラキティッチのシュートがわずかにゴールマウスをはずれ、メッシのゴールが取り消されーその前にハンドがあったー、メッシが放ったFKもゴールになってもおかしくなかった。 サポーターは、ウェーブで応え、ブラボも要求された仕事をこなし、マチューはスピーディにプレーし、ラフィーニャは右サイドで相手のマークを外し、ラキティッチはセビージャで行なったように、チャンスを生み出した。

ムニル、2回中2得点

クロアチア人せんせフは、後半、試合を4ー0にしたプレーを生み出した。アウベスがムニルにアシストを送るきっかけとなる見事なプレーをみせ、ムニルは後半から出場したが、今回のプレシーズン最多得点王となった。今日の試合でその‘キラー’の実力を見せつけた。  

その数分前に元バルサの選手、マルケスがカンプノウがピッチから去ったが、カンプノウはi2003年から 2010年の間、クラブに尽くしたマルケスへ感謝し、大きな拍手で送り、マルケスは中央でクラブマークを何度も指差し、その感謝を表現した。. 

試合終了まで30分という時間にルイス・エンリケは、7人の選手を一気に変えた。ピッチに残ったのは、アルバとラフィーニャのみだった。サポーターは、そこから更に15分待ち、ようやくルイス・スアレスのバルサの選手としてのデビューを見ることができた。 だが、スアレスが入る前に、ムニルが再び、サンドロの見事な個人プレーから、ーヘルシンキの時のようにーダブルゴールを決めた。

試合終了の寸前にサンドロがフィエスタに参加し、サンペルの見事なアシストを受けて、ゴールを決め、ガンペル杯の幕を閉じた。これだけ多くの主役を生み出したガンペル杯を人々は簡単には忘れることはないだろう。

上に戻る