fcb.portal.reset.password

Messi, després d'una de les ocasions de gol / MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナ は、土曜日、カンプノウで今季、最初の黒星を喫することになった。ラリベイが53分に決めたゴールが決定弾となった。バルサは何度となくボールを手にし、シュートを放ったが、そのシュート数は19回にものぼあったが、そのボールはセルタが守るゴールマウスに入ることを阻んだ。そのうちの4回はゴールマウスの枠を捉えたものであり、9回ものゴールが-奇跡的にーセルヒオ・アルバレスによって阻まれた。今日の試合のスターだった。セルタは、リーグ戦で唯一、アウェー戦で無敗のチームとしてやってきて、その状態でスタジアムを去ることになった。バルセロナのスタジアムで過去の全歴史を通してあげた二度目の勝利だった。

奇跡的な無得点

ルイス・エンリケ、ベリッゾとも、最初から攻撃的に攻めていった。チャンスは試合スタートから訪れ、最初にチャンスメイクしたのは、ネイマールJrだったが、その放ったシュートはセルヒオ・アルバレスに止められた。セルタのGKは、今回、前半の主役を張った。メッシ、ネイマールJr、スアレスが手にした明確なゴールチャンスを次々とセーブしてみせた。

更に、明確なチャンスがメッシを経由して訪れたが、今度はゴールマウスの下にいたジョニーがそれを退けた。試合は、バルサによって支配されていたことが明らかだったが、セルタは前半15分から25分の間、勇敢にブラボのゴールマウスを狙うことをあきらめなかった。ハーフタイムの0ー0は、両チームの攻撃的なスピリッツを表現するスコアではなかった。

セルタが先制

不運な状態は、ハーフタイムを終えた後も続いた。ネイマールJrは、三度目のポストを当てた。サッカーの皮肉で、セルタは最初に訪れたチャンスを生かし、試合を0ー1にした。ゴールを決めたのは、ラリベイであり、元バルサ選手のノリートによるアシストだった。

運に恵まれず

対戦相手のゴールがホームチームの士気を下げることはなかった。ルイス・エンリケは、試合終了まで30分間という時間帯に、駒を動かし、チャビとペドロを入れ、セルヒオとラフィーニャをベンチに下げた。ルイス・スアレスがヘディングから同点弾を決める寸前だったが、そのミサイル弾は、セルヒオ・アルバレスの手で止められた。メッシも同様にドローを決めるチャンスを得たが、そのフリーキックはゴール寸前のところで、ポストに弾けた。再び、ボールはゴールマウスに入ることを拒否した。勝ち点3はビゴに向かって消えた。 

上に戻る