fcb.portal.reset.password

Suárez, Neymar i Messi / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

PHOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

Suárez, Messi et Neymar après un but / PHOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FCバルセロナは、最近、リーグ優勝争いをしているチーム同士の争いに勝った。火花が散リ、規約ぎりぎりのファウルが数多く繰り返される未成年向けではない試合の中、文字通り、血の汗を流して勝利を手に入れた。この日、インスピレーションにあふれ、同時に実用的なプレーを行なったバルサに勝利の女神は微笑んだ。ネイマールJrとスアレスのゴールのおかげで、完璧な前半戦を終え、後半、マンジュキッチが点差を詰めたものの、最後にメッシがゴールを決めて、バルサは3得点をホームで手にして試合を制した。

この勝利で FC バルセロナは、昨季のアトレティコ・デ・マドリードの影を取り払うことができ、リーグ戦、国王杯が決定的になるこの月に、再び、バルセロナは最高の感触を取り戻した。


カンプノウでの試合がどうなるかは未知数だった。おそらくバルサが試合を支配し、一方のアトレティコは、単発のプレーやカウンター、セットプレーで狙ってくるだろうと見られていた。そのやり方で昨季、バルサに最も効果的に傷を与えたからだ。


だが、そういった事前のシナリオは、前半11分にネイマールが決めたゴールによって、変わってしまった。メッシが生み出したプレーをスアレスが触り、それをブラジル人選手が、正確に押し込み、そこでシメオネの計画は台無しになった。ゴールはバルサの優位性を表現しており、実際、バルサはスピーディでテンションの高いプレーを示したが、それに対して、アトレティコはファウルで答え、ネイマールはその結果、流血することになり、カンプノウhあアトレティコのファウル中心のプレーに苛立たされた。

前半のバルサはより知的にプレーを運び、できる時に攻め、無理はしなかった。34分、メッシはボールをがメスの前に持っていき、試合を2−0にするのに必要なプレーをこなし、スアレスが決めた。その前にネイマールもチャンスを得たが、ゴールにはならなかった。

アトレティコは、後半、一歩進まなければならなかった。がメスに犯されたPKをマンジュキッチが決めて、点差を詰めたが、バルサの試合の読みは正しいものだった。

試合が進むにつれて、規約ぎりぎりのファウルが増えていったが、最後にとうとう、メッシが現れた。ラキティッチの右からのアシストを受けて、最後の瞬間に3点目を決めた。そこに最終判決が下った。

 


上に戻る