fcb.portal.reset.password

アスレティック・クラブ戦でのネイマールとメッシ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

バルサは、2014/15年チャンピオンズリーグを カンプノウにて、アポエルFCを前にデビューする。ヨーロッパデビューは、開幕から良い成績を収め、リーグ戦で素晴らしいイメージを残した状況で、訪れる。チームは、国内リーグで首位だが、今度は、チャンピオンズリーグのグループリーグもその調子で始める番だ。同グループには、PSGとアヤックスがいる。

対戦相手は、国際経験が多くなく、その分、バルサがリラックスするのではないかというリスクがある。それゆえにルイス・エンリケは、記者会見で「私達はサポーターの力が必要だ。できるだけ、スペクタクルな試合を見せるように努力する」とサポーターに呼びかけた。

この大会で監督としてデビューするルイス・エンリケは、現在、医師からの了承を受けていないが、グループ練習に参加しているダニ・アウベスとトマス・フェルメーレンのフィジカル状態を気にかけている。

刺激的なスタート

伝統的にバルサは、欧州でのデビュー戦はついている。クラブは、チャンピオンズリーグの開幕戦で1997/98年以来、負けていない。最近、カンプノウでデビューしたのは、8回だが、その内訳は7勝1分だ。 

アポエルは、その一方で、失うものは殆どなく、得られるものが殆どだ。キプロスのチームがバルセロナに訪れるのは3度目だが、殆ど選択の余地がなく、非常に保守的にやってくると見られている。その戦略は、セオリーでいけば、控えめなチームによって、何度かの成功を収めている。ルイス・エンリケにとって、新たな目標が目の前にある。今度は、ヨーロッパだ。

上に戻る