fcb.portal.reset.password

Messi, amb Alves i Suárez, després del seu gol a l'Almeria / MIGUEL RUIZ-FCB

リーグ戦首位のチームに新たな勝ち点3が飛び込んだ。バルサはアルメリアと比べ、明確に優位に立っていた。イレブンの顔ぶれは、アルメリアもバルサも大きく変わり、バルサの場合は、バルトラ、セルジ・ロベルト、ペドロがスタメンを貼った。バルサのベストバージョンではなかったが、メッシ、スアレス(2)、バルトラのセンセーショナルなゴールのもと、21試合中20勝目が終わった。


感触はポジティブだった。激しいプレスで、バルサはセルジ・バルジュアンのアルメリアを苦しめた。コーナーが続き(最初の5分間に3回のコーナーがあった)、コンパクトに守り、チームはよくディフェンシブ面で整えられたアルメリアを前に、パスをボールに触り続けた。そのリズムはあがっていった。

ティエビが指揮をとり、ウェリントンがシュートを放った攻撃で主役をはるシーンもあったが(14分)、バルサは最後の15分間、勢いを増し、33分に待望の先制点をメッシの天才性のおかげで手にした。最初のスーパーゴールだった。

アルメリアも、後半に入り、ひっそりとトライしあが、ルイス・スアレスが一瞬の間に二点目を決め(55分)、その志を挫いた。スアレスの左足が枠を捉えた。メッシはわずかにポジションをセンターに変え、スアレスはサイドから驚かした。2−0がバルサに落ち着きをもたらした。そこからコンビネーションプレーも回るようになった。ルイス・エンリケは、アウベスやラキティッチをベンチに送り、休ませた。疲労を最小限に抑えるためだった。バルトラは、コーナーから放たれたボールをヘディングで押し込み、得点者リストに名前を載せた。また戦術プレーからゴールが決まった。カンプノウは、心地よく終盤を迎え、素晴らしいプレーを見せたシャビに惜しみない拍手が送られた。アルメリアは、フリアンのおかげで、大量ゴールを入れられずに試合を終えたが、ペドロとスアレスの芸術的コンビネーションによる4−0は免れなかった。

上に戻る