fcb.portal.reset.password

バルサと初リーグ優勝を制覇した選手 / FCB

シャビ・エルナンデスは、FCバルセロナでクラブ史上、最も多くのタイトルを制覇しており、カルデロンでは、今回、バルサのユニフォームを着て8度目のリーグ優勝を手にしたが、その一方で、バルサで初リーグ優勝を手にした選手が11人いる。 トップチームのネイマール、ブラボ、ラキティッチ、スアレス、ラフィーニャ、マテュー、テア・シュテーゲン、ドウグラス、マシップ、フェルマーレン、バルサBのサンドロ、ムニルだ。

  • ネイマール: FCバルセロナで2年目。ネイマールは、バルサの選手として2回目のタイトルを手にした。今季、ネイマールは、32試合に参戦し、22ゴールを決める素晴らしい活躍をみせた。
  • ブラボ: チリ人GKは、今までリーグ戦では全試合に参戦し、全体でたった19失点をいう記録をおさめた。今年の夏、レアル・ソシエダから来た選手であり、初めてのサモラ賞を制覇する寸前だ。
  • スアレス: リーグ戦の 9節まで、デビューできなかったウルグアイ人アタッカーだが、非常に早い時点でリズムを掴むことができた。スアレスは、今季、今まで16ゴールを決めている。メッシ、ネイマールとのスムーズなコネクションがバルサの前線をかつてないほど、ポテンシャルの高いものにした。
  • マテュー: 今季のバルサのディフェンス面においての鍵になったフランス人センターバックは、左サイドバックとしてもつとめ、セットプレーからの攻撃にも参加した。レアルマドリードとセルタを相手に決めた彼のゴールが、バルサを首位のポジションにキープする結果を生んだ。
  • ラキティッチ: セビージャから夏に移籍してきたクロアチア人選手は、バルサの中盤のクオリティをあげ、力強さ、ゴールへのシュート数などを与えた。32試合に参戦し、5得点を決めた。シーズン中の大きな試合でより、優れたプレーをみせた。
  • ラフィーニャ: 今年の夏、セルタに1年間、レンタル移籍した後、戻ってきた。既にFCバルセロナの重要な役割を背負っている。今季は23試合に参戦し、ビジャレアルを相手にゴールを決めた。
     
  • ドウグラス: ブラジル人サイドバックは、バルサの昨季の夏の最後の補強だった。5節目のマラガ戦でデビューした。また、ウエスカとの対戦、国王杯の32強第一戦でも、プレーした。
  • フェルメーレン: ベルギー人プレーヤーは、負傷のため、殆ど楽しむことができなかった。4月に医師から完治通告を受けた。デポルティーボ戦では、参戦することになるだろう。
  • テア・シュテーゲンとマシップ: 両キーパーとも今までリーグ戦ではプレーしていない。二人は、その代わり、マシップが国王杯、テア・シュテーゲンがチャンピオンズリーグに参戦している。
     
  • サンドロ、ムニル : シーズンの最初により多く参戦した。ムニルはエルチェとのリーグ戦で、サンドロはビジャレアルとの対戦で、ゴールを決めた。
上に戻る