fcb.portal.reset.password

FCB

バルサが最近7年で5回目の国王杯決勝進出 / FCB

FCB

FCバルセロナが国王杯準決勝の2試合合計6−2でビジャレアルを破り、勝ち抜けを決めた。これによりアスルグラナスは最近7シーズンで5回目となる同大会の決勝進出、エスパニョール対アスレティック・クラブの勝者を相手にクラブ史上27回目の国王杯タイトルを狙う。

4度の決勝進出で2度のタイトル

近年のノックアウト形式の大会での決勝進出は2008/09季から始まった。この年のチームはメスタージャでアスレティック・クラブを4−1で破って国王杯タイトルを掲げた。その2年後に再びの決勝進出。2010/11季のことで、決勝の舞台は再びメスタージャ。しかしこの時はレアル・マドリードを相手に延長まで戦ったが優勝トロフィーは手元をかすめて行った。

翌年バルサは再び決勝に駒を進め、このときペップ・グアルディオラ率いるチームはビセンテ・カルデロンでアスレティック・クラブを破り(3−0)大会覇者となった。この決勝は前半までに事実上の勝敗を決めた。ここまで最後の決勝は昨年のこと。ただロス・ブランコスがメスタージャでの試合でバルサを1−2とわずかに上回った。

上に戻る