fcb.portal.reset.password

インタビュー中のデニス・スアレス / FOTO: ARXIU FCB

デニス・スアレスは、今週の土曜日、初めてカンプノウに立つことになる。現在、FCバルセロナから2年間、レンタルされているセビージャの選手としてプレーする。公式サイトのインタビューに応えて、現在、ウナイ・エメリーの指揮下、プレーしているデニス・スアレスが現況やバルサについて語った。

セビージャで過ごして数ヶ月、たちましたが、適応はどうですか。
「とてもうまく適応しているし、気に入っているよ。僕はプレーしているし、プレー時間を手にしている。確かに町やクラブは異なるけれど、セビージャで選手として成長していくことはわかっているよ」

セルタ B、マンチェスターシティ、バルサ B 、そしてセビージャで4年間、プレーしてきましたが、その短くもハードな道のりで何を学んできましたか。
「多くのことを万田よ。サッカーレベルだけでなく、人としても学んだよ。バルセロナでは、初めてパートナーと一緒に暮らしたし、それに僕は旅をして、多くの場所を知ることが大好きなんだ。だから、よく適応しているよ」.エメリーには、ラインの間を動き、ディフェンス面を強化するように言われている。前よりも一対一も強くなっている。

リーグ戦のサプライズとして注目されていますが、このように1部に飛躍することを想像していましたか。
「プレーして、全てがうまくいくことを願ってセビージャにやる気にあふれてやってきた。今のところ、幸運なことに全てがうまくまわっている。僕はプレーしているし、プレー時間を与えられている」

今季の開幕をセビージャでどのように過ごしていますか?
「サポーターは満足している。なぜなら、リーグ戦だけでなく、僕らは国王杯でも生き残っているし、ヨーロッパリーグでもトップを走っているからだ。シーズンは今までとても良い感じに進んでいると思う」

ラキティッチは、セビージャとバルサのコンセプトは似ていると話していましたが、そうだと思いますか?
「セビージャではそこまでボールを手に出来ないかもそれないが、早いボール回しに賭けている。特にコンセプトが試合のコントロールにある点で、似ているというのは本当だ。このコンセプトのおかげで僕はやりやすく感じている」


ウナイ・エメリーが望むことは?
「エメリーには、ラインの間を動き、ディフェンス面を強化するように言われている。前よりも一対一も強くなっている」

離れてみるバルサの印象は?
「とてもいい開幕をスタートし、その後、二回ほどミスがあったが、悪くはないし、リーグ戦では2位だ。僕は世界一のベストチームとして、バルサが上向きになっていって、あらゆるタイトル争いをするだろうと確信している」

土曜日は、カンプノウで初めてプレーすることになります。
「早くプレーしたい気持ちで一杯だよ。カンプノウは本当に感動的なスタジアムだから」

どのような試合になると思いますか?
「バルサがボールを持つ試合になるだろう。彼らからボールを奪うのは至難の業だ。僕らは自分達の持っている武器、スピーディなボール回しとチームプレーによるディフェンスを使って、最初からバルサに歯向かっていく必要がある」いつもアンドレス・イニエスタがする全てのことを注視している。 土曜日に彼がいてくれれば、どんなにいいことだろう。

このバルサーセビージャ戦について、ジェラルド・デウロフェウと話しましたか?
「うん、話したよ。二人とも、プレーしたい気持ちでいっぱいだ」

アンドレス・イニエスタは、サッカー的指針の一人です。
「そのとおり。いつもアンドレス・イニエスタがする全てのことを注視している。 土曜日に彼がいてくれれば、どんなにいいことだろう。早く回復して良くなって欲しいと言いたい」

数日前にミニにも来ましたが、バルサBをどう見ていますか?
「とても若いチームだし、昨年よりも更に若返っている。非常に強くスタートし、その後、結果が出ない試合があった。昨年はクリスマスまでは苦労したが、その後、向上した事実もある」


Denis Suárez's goals with Barça B per fcbarcelona

上に戻る