fcb.portal.reset.password

コルドバ戦でのブラボ. FOTO: GERMÁN PARGA-FCB.

ルイス・エンリケのバルサの特徴の一つに、ディフェンス面がある。バルサは、リーグ戦16節中7失点のみしかしていないのだ。国内リーグでの失点がもっとも少ないのはもちろんのこと、欧州リーグ全体を見回しても、このバルサの記録を超えているのはドイツのバイエルン・ミュンヘンしかない。(17試合で4失点)


バルサのディフェンスの強固さが話されるのは初めてではない。クラウディオ・ブラボは、リーグ戦で国内リーグの無失点記録を754分に伸ばし、話題となった。


中心的リーグにおいて最も失点数の少ないチーム一覧は以下の通り:

チーム名 リーグ国名 失点数 試合数 平均
バイエルン・ミュンヘン ドイツ  4 17 0,23
FC バルセロナ スペイン  7 16 0,43
ユベントス イタリア  7 16 0,43
ベンフィカとポルト ポルトガル   7 14 0,50
サンテ・ティエンヌ フランス 12 19 0,63
チェルシーとソウサンプトン イギリス  13 17 0,76
PSV  オランダ   14 17 0,82
ヘント  ベルギー  19 20 0,95

24試合で13失点

リーグ、チャンピオンズリーグ、国王杯合わせて、バルサは24試合で13失点 (0,54)の記録を出している。三人のGK、クラウディオ・ブラボ、マルク・テア・シュテーゲン、ジョルディ・マシップのプレー時間は、それぞれ、ブラボが1.440分、シュテーゲンが 630分、マシップが90分で、その失点数はブラボが7、テア・シュテーゲンが5、マシップが1だ。

上に戻る