fcb.portal.reset.password

Ter Stegen, Bravo o Masip debutaran aquest dissabte en un Clàssic

バルサのゴールマウスは、リニューアルしたばかりだが、そのため、今週の土曜日にサンティアゴ・ベルナベウで行われるクラシコで、ゴールキーパーがデビューすることになる。クラウディオ・ブラボ、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン、ジョルディ・マシップ は、誰もレアルマドリードーバルサ戦を経験したことはない。この3人のうちの一人が、クラシコを経験することになる。

アンドニ・スビサレタが最初にクラシコに参戦したのは、1986/87年8節だった。最後にデビューしたのは、ビクトル・バルデスで、 デビューは 2003-04年だった。 その試合の思い出は、良いものでなく、レアルマドリードは15節にあたるその試合をカンプノウで行ない、1-2 の勝利を手にしたのだった。

結果は様々

最近、クラシコでデビューした9人のGKの結果は、二人が勝利を飾り、二人がドローに終わり、5人が黒星を喫している。ルウド・ヘスプとリチャード・ドゥルテルはクラシコのデビュー戦 を制した。オランダ人GKは、1997-98年にサンティアゴ・ベルナベウでの試合を 2-3 で終えた。フランス人GKは、カンプノウでのデビュー戦を2ー0で制した。2000-01年だった。

一方で、スビサレタとホセ・マヌエル・レイナ はドローで引き分けている。現在の強化担当はベルナベウで1-1で引き分けており、現在、バイエルン・ミュンヘンに所属しているレイナは、デビュー戦を2000-01年のアウェーで2-2で終えている。

そのほかの5人のクラシコデビューしたキーパーは、同様の幸運はエルことができなかった。カルロス・ブスケッツ (5-0  1994-95年)、 アルナウ (3-0 1999/2000年)、 ビクトル・バイア (2-0、 1996/97年)、 ボナノ (2-0 、2001-02年)は全員がアウェー戦で、 バルデス (1-2、 2003-04年) は、ホームで黒星を喫している。

今週の土曜日、クラウディオ・ブラボ、テア・シュテーゲン、マシップの誰かがリーグ戦クラシコ、サンティアゴ・ベルナベウでのレアルマドリードーバルサ戦で、幸運と共に試合を終えることができるかどうか、試されることになる。

リーグ戦クラシコを体験していないGK

ここ数年で、多くのキーパーがバルサのユニフォームを着て、ゴールマウスを守ったが、中には、リーグ戦のクラシコをプレーしないで終わった選手もいる。ウンスエ、ロペテギ、アンゴイ、エンケ、ルベン、ミニョ、ジョルケラ、オイエル、ピントは、リーグ戦のクラシコでプレーすることはなかった。一部の選手は他の大会では経験している。

上に戻る