fcb.portal.reset.password

2014/15年のバルサがサポーターを前に紹介される。

今週の月曜日は、バルサ一色のお祭りになるだろう。ガンペル杯のお祭りが、2014/15年の新生バルサを主役に夜行なわれる。 ルイス・エンリケの率いるチームがサポーターの前に紹介され、49回目のジョアン・ガンペル杯でメキシコのクラブ・レオンを相手に戦う。

この日、午前中からスタジアム外で様々なアクティビティが行なわれる。土曜日から、スペースに様々なアクティビティ用にいろいろと設置されており、サポーターの子供達も楽しめるような工夫がされている。また、トリビューン席には、‘フットテニス’や‘ハエたたき’、‘GKドール’なども設置され、お祭りを盛り上げる。カンプノウは18時半に会場する。

新加入選手のプレゼンテーション

19時30分から、2014/15年新生バルサの紹介がスタートする。多くの新加入選手は、ルイス・エンリケと共にファンの前に初めて顔見せをすることになる。カンプノウのピッチに立つ新顔は、ブラボ、マシップ、テア・シュテーゲン、マテュー、フェルメーレン、ラフィーニャ、ルイス・スアレスで他のチームメートと共に紹介される。また、金曜日にグループ練習に参加したばかりのルイス・スアレスが初めて顔を見せる機会となる。

この8人の新加入選手のうち、5人はカンプノウでバルサのユニフォームを着てプレーするのは、初めてだ。それはブラボ、マシップ、マテュー、ラキティッチ、ルイス・スアレスだ。一方、テア・シュテーゲンとフェルメーレンは、負傷のため、デビューを待たなければならない。ラフィーニャはバルサBの選手としてカンプノウデビューを果たしている。

特別な対戦相手

2014/15のバルサは、メキシコのクラブ・レオンを前に今季の幕をあけることになる。バルサファンは、新生バルサだけでなく、ラファ・マルケスのカンプノウ復帰も含めて楽しむことができるだろう。

ラファ・マルケスは数週間前まで、クラブ・レオンでプレーしていたが、イタリアのベローナと契約を最近になって交わしたが、クラブからの許可を得て、このガンペル杯に参加する。このような形でマルケスはカンプノウで、FCバルセロナによって讃えられる。バルサのユニフォームを7年間身につけて、多くのタイトルをバルサにもたらしたマルケスを、サポーターは特別な思い出と共に迎えることだろう。

上に戻る