fcb.portal.reset.password

La pel·lícula 'Messi' es va estrenar a Rio de Janeiro / FOTO: EFE

今週の木曜日、映画 'メッシ' が封切りとなった。バルサのクラックの半生を振り返るアレックス・デ・ラ・イグレシアが作った映画だ。現在、W杯が行なわれているリオ・デ・ジャネイロにて、オープニングが行なわれた。映画はフィクションと現実が入り交じっており、ドキュメンタリーの形で作られている。レオ・メッシのロサリオでの幼少時代から、バルサで世界一の選手になるまでが描かれている。

バルサの世界

メッシのサッカー人生の中で特筆すべき人物、世界一の選手二なるべく爆発させた監督、ペップ・グアルディオラピケ、ピント、イニエスタといったチームメート、ニューウェールズの元チームメートなど、映画はレオ・メッシがサッカーのピッチで成功を得る鍵になった理由を人々を通して描こうとしている。

多くのサッカー界の関係者が映画に関与し、レオ・メッシについて語っている。ホルヘ・バルダノは、シナリオ協力もしている、また、現在、ブラジルのイベントに出演している一人でもある元選手、セサル・ルイス・メノッティ、ヨハン・クライフ、アレハンドロ・サベージャー現アルゼンチン代表監督ー、メッシについて書いたラモン・ベサやサンティアゴ・セグロラなどのジャーナリストも参加している。映画の一般上映は、国によって異なる予定だ。

ギジェルモ・バラゲの本がアルゼンチンで出版

リオ・デ・ジャネイロでアレックス・デ・ラ・イグレシアの映画が封切りになると同時に、アルゼンチンでは、ジャーナリストであり作家のギジェルモ・バラゲの本が出版される。バルサのクラックについて正式な許可を受けて書かれた最初の本であり、スタートからの‘10’のキャリアを描いている。この本は、バルセロナでは既に数ヶ月前に出版されているが、ブラジルワールドカップでアルゼンチン代表と共にわいているアルゼンチンでは、この時期に出版となった。

 

上に戻る