fcb.portal.reset.password

Leo Messi i Neymar Jr van ser els golejadors contra el Bayern / GERMÁN PARGA - FCB

バイエルンを前にした3-0で、バルサは、今季、チャンピオンズリーグでの9連勝を達成した。 これは2002/03年以来の記録だ。グループリーグ第三節から、ルイス・エンリケが率いるチームは、アヤックス(2)、アポエル、PSG (3)、マンチェスターシティ(2)とバイエルンを相手に連勝を続けている。 


更にバルサは、今季、チャンピオンズリーグにおいてカンプノウで行なった試合に全勝した。合計で13得点2失点だ。


レオ・メッシは、欧州大会での100試合目に参戦し、新たなエキシビションを見せつけた。この試合で決めた2ゴールで、再び、チャンピオンズリーグの最多得点王となった。その数は78得点だ。


バルサのアルゼンチン人選手は、今まで準決勝を10試合プレーしており、2ゴールを過去に決めているー両者とも2011年で相手はレアルマドリードだったー。準決勝11試合では、再び、その数を倍に増やし、既に4回決めている。


バルサの'10' 番は、既に今季、 53 ゴールを決めている。リーグ戦で40、チャンピオンズで 10、国王杯で3得点を決めている。 


メッシは再び、ドイツのチームを前にゴールを決めて、その記録を14得点と伸ばした。欧州の中で最も好みの相手だ。


 ネイマール Jr と ルイス・スアレス と共に既に 110ゴールを決めている。トリプレテ(3人組)は、欧州の中で最もゴールを大量生産している攻撃陣だ。 


バルサは、今季、無失点試合の記録を32に伸ばした。総数 55試合中、ブラボが21試合、テア・シュテーゲンが11試合を無失点で抑えている。 


また、連続無失点記録ーリーグ戦で4試合、チャンピオンズで2試合ーをキープし、更に23ゴールを決めー1試合平均は3,8ゴールの結果を出している。バレンシア、 PSG、エスパニョール、ヘタフェ、コルドバ、バイエルン・ミュンヘンを相手に失点なしで終えている。


ジョルディ・アルバは、 バイエルン戦でも、最もパスを通した選手となった。その数は 60であり、一方、右サイドのダニ・アウベスも、51回のパスを通した。 その精度平均は、80%であり、両者が攻守ともに存在感をみせたことが、グラフから伺える。 


これは、バイエルン戦でメッシが成功させたパスとそうでないパスを図解したものだ。


試合後、全世界がレオ・メッシを主役として大きく取り上げた。メッシは、試合の MVPに選ばれ、その統計データは下記の通りとなった。

レオ・メッシ

プレー時間 90
ゴール 2
アシストゴール 1
総シュート数 4
ゴールの枠を捉えたシュート数 4
全パス数 40
パスの成功率%  80%
1対1のトライ数 15
1対1の成功数 10
プレーに関わった数 80
ファウルを犯した数 1
ファウルを受けた数 4
最も多くパスを出した選手 ラキティッチ (9)
最も多くパスを出して貰った選手 ダニ・アウベス (14)
上に戻る