fcb.portal.reset.password

ラヨとの対戦で先制点を決めたスアレス / VICTOR SALGADO

  • ルイス・スアレスは、ゴール運に恵まれ続けている。ラヨ・バジェカーノ戦(6ー1)でもゴールを決め、最近4試合中6得点を決めている。58分ごとにゴールを決めている計算になる。
     
  • スアレスがバルサに来てから2度目のドブレテになる。最初に1試合に2ゴールを決めたのは、チャンピオンズリーグ16強第一レグのマンチェスターシティ戦(1−2)だった。
  • メッシは、リーグ戦で30ゴール目を決め、クリスチャン・ロナウドと並び、国内リーグの最多得点王となった。
  • バルサが、今季、リーグ戦で首位に立ったのは3回目だ。残りの二階は、第1節から第4節まで、二回目は第6節から9節までだった。
  • ラヨ・バジェカーノの6ゴールで、FCバルセロナは、リーグ戦における最多得点チームとなった。また、同時に26節中失点16で失点数も最も少ないチームだ。
  • FCバルセロナとラヨ・バジェカーノの対戦は、バルサが圧倒的に有利であり、ラヨが1部に2011/12年に戻ってから、バルサはラヨ・バジェカーノに37ゴールを決め、失点は2点のみだ。
  • バルサがリーグ戦においてカンプノウで5点以上を決めた6試合目になった。過去にそれを決めたのは、グラナダ  (6-0)、セビージャ   (5-1)、エスパニョール  (5-1)、コルドバ  (5-0) 、レバンテ  (5-0) 戦。
  • ジョルディ・アルバとダニエル・アウベスは、エイバルとの次戦は欠場する。アルバは5枚目のイエローを受け取り、累積欠場となり、アウベスはレッドカードを受けたため。
  • バルサがレッドカードを受けたのは、今季、2度目で、1度目はエルチェと対戦した第1節(3−0)だった。その祭、退場させられたのはマスチェラーノだった。
  • シャビは、最も正確なパスを出した選手となり、その数は63だった。そのデータは下記のとおり。緑がシャビが成功させたパス、赤がその逆だ。

上に戻る