fcb.portal.reset.password

Messi i Neymar han participat en la golejada a Còrdova

両チームの気力と状態の差は、ピッチ上で最初から歴然としていた。ホームチームは、強気な姿勢でスタートし、バルサのゴールを真似ようとしたが、ボールを取り返すその激しさと効率性の良さの勢いが増すにつれ、バルサは試合をより支配していくようになり、両サイドにスペースを見つけ出すようになった。ホームチームは、ディフェンシブに行かざるを得ない状況に追い込まれ、狙おうとしたカウンターアタックは、正確さに賭け、逆に殆どピッチを相手に与えてしまい、ボールを追い、息つく暇も与えられなくなった。

メッシの天才的な正面からのプレーは、ゴールに値するものだったが、GKフアン・カルロスは完璧にそれを読んだ(27分)。ほぼエリア内でプレーされる状態に陥ったコルドバが息をつけるのは、ボールがピッチの外に出た時のみだった。バルサに有利なコーナーが吹かれ、ネイマールがそのコーナーキックをポストに当てた前半37分から、コルドバの苦しみはより深いものとなった。バルサは中央からもチャンスメイクし、前半が終わる間際にゴールは降ってきた。

メッシとイニエスタの才能あふれるアシストをラキティッチとスアレスが決めて、0−2にした。コルドバは落ち込んだ。ハーフタイムを終えて、メッシ自身とスアレス、ピケが更に3ゴールを決めた。全員がヘディングで決めた。比較的、快適にプレーするバルサに対し,コルドバの失望は明らかだった。降格は現実となっていた。ゴールのおかげで選手交代が可能になり、バルサは次の試合へと余力を残すことができた。メッシ、ネイマールのPK、スアレスのエキシビションが再び、新たに首位の座をキープした。チャンピオンの座を手にするまで、後、3試合だ。

上に戻る