fcb.portal.reset.password

アヤックスで3シーズン半を過ごしたルイス・スアレス / FOTO: ajax.nl

リーグ戦でバルサのユニフォームを着て、最初の公式戦を戦った後、ルイス・スアレスは、水曜日にチャンピオンズリーグデビューを行う可能性がある。その場合、それも、彼にとって特別な場所、アムステルダム・アレナが舞台になる。バルサは、アヤックスをチャンピオンズリーグのグループリーグ4節で相手にする。今までの内訳は3試合中2勝1敗だ。 最初の数節は、処分を受けていたために参戦できなかったルイス・スアレスだが、晴れて謹慎期間を終え、ベルナベウのクラシコで1週間前に公式デビューを果たしたばかりだ。その数日後にはカタルーニャスーパー杯でプレーし、更にカンプノウでもリーグ戦でセルタを相手にホームデビューを果たした。今度はチャンピオンズリーグの番だ。

・3シーズン半

ルイス・スアレスにとっては、特別な試合になることだろう。それというのも、スアレスはアヤックスのユニフォームを纏って、この欧州の大会で戦った経験があるからだ。グローニンゲンーやはり、オランダリーグのーでヨーロッパサッカーの初年を迎えた後、スアレスはたった20歳の若さで、アムステルダム・アレナにやってきて、そこで名が知られるようになった。アヤックスでは、3年半- 2007年から 2010年まで-を過ごし、 159試合に参戦し、111ゴールをマークした。アムステルダムでは、ヨーロッパの中でもベストアタッカーの一人として活躍し、その負けず嫌いの人となりが認められ、若くしてキャプテンマークをつけることになった。 アムステルダム・アレナでの優れた活躍を終えた後、ルイス・スアレスはビッグチームの一つ、プレミアムリーグのリバプールへの飛躍を遂げた。アンフィールドで更に3年半を過ごし、そこからバルサへ移籍してきた。欧州ではそのゴール嗅覚が既に認められているスアレスが、今度はバルサの選手として、再び、欧州に羽ばたこうとしている。

上に戻る
_satellite.pageBottom();