fcb.portal.reset.password

Claudio Bravo ha parlat del seu retorn a Anoeta des de la sala de premsa de la Ciutat Esportiva / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

クラウディオ・ブラボ は、今週の日曜日、8年間、自分のホームとしてプレーしていた場所に戻ることになる。バルサのGKがFCバルセロナの選手となったのは、今年の夏だが、その前までいたレアル・ソシエダのアノエタに戻ることを楽しみにしている。「特別な試合になるだろう。この時期に参戦した全ての試合は、素晴らしかった。私の古巣を前にプレーするというのは、スペシャルなことだし、元チームに対して忘れられない思い出を持っている」と記者会見でブラボは話したサポーターの応援が強く、アノエタは難しいスタジアムだ。 ここ数年、バルサのソシエダ訪問は、容易なものではなかった。チリ人GKは、どうしてアノエタが難しいスタジアムなのかを説明した。「サポーターの応援が強く、アノエタは難しいスタジアムだ。今回は選手も異なり、今までとは違った試合になるだろうが、非常に厳しい試合になることは間違いない」としながらも、今回の試合の鍵として、「私達は全く隙を与えてはならないと話し、2015年最初の試合に自分達は集中力を持って臨むことに疑いはないという。 「このチームは少ない練習で試合で結果を出す事に慣れている」と明言した。私達がうまくやれば、遅かれ早かれ、対戦相手は落ちるだろう。 その意味で、クリスマス休暇が終わった今、再び、リーグ戦では首位のレアルマドリードから、ポジションを奪回することを考え始めなければならないと話した。「ここからはあらゆる試合が勝ち点差を縮めるのに必要になる。僕らがうまくやれば、遅かれ早かれ、相手は落ちる」とコメントし、「ミスしたら、勝ち点差が広がってしまうというのは、自分達でよくわかっている」と付け加え、「すぐ近くにいて、マドリードにプレッシャーを与えながら、自分達の試合に勝ち続けなければならない」とその抱負を語った。

また、FCバルセロナで過ごした最初の数ヶ月を振り返り、テア・シュテーゲンとジョルディ・マシップとの関係が非常に良いことを強調し、「私達の間にはとてもポジティブな空気があるし、それぞれがいい試合をして、監督の決断を難しくしようと頑張っている」と話し、また、「僕はチームのために働いているし、常に失点ゼロを目指している。もしも、最後にサモラ賞をとれたら、素敵だと思う」と話した。

また、GKの役割が発展したことも説明し、もう、ボールを止めるだけの仕事ではないと話した。「あらゆる条件に備えていかなければならない。サッカー自体が発展しているからだ。残りの選手とは異なったプレースタイルを求められるし、リベロの役割を求められる」と話した。


Claudio Bravo: "El partido contra la Real... per fcbarcelona
上に戻る