fcb.portal.reset.password
Els blaugranes han marcat 34 gols en els últims set partits que s’han disputat a l’Estadi entre Lliga, Lliga de Campions i Copa del Rei

エスパニョール戦でのメッシとネイマール / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

Luis Suárez against Sevilla / PHOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナは、カンプノウにてのゴールの波に乗りに乗っている。セルタ・デ・ビゴを前に11月に黒星を喫した後、バルサはホームで行なわれた7戦で大量ゴールで対戦相手を打ちのめし、少なくとも毎回、3ゴールは決めている。最近の7試合全体で34ゴールを決めており、試合平均で4.86得点を決めている計算になる。

記録的な量産ゴール 

レオ・メッシがこのゴールラッシュをカンプノウで手にしている主役の一人だ。ガリシアのチームに負けた後、セビージャを相手に5−1と大勝し、その試合でバルサの‘10番’はハットトリックを決め、テルモ・サラの253ゴールの記録越えを果たし、リーグ戦史上最多得点王となった。

そして11月22日の夜、メッシはカンプノウの観客を足り上がらせ、再び、足元にひれ伏させることになった。エスパニョールを相手にスタジアムで5ゴールをマークしたバルサだが、その試合でメッシは再び、ハットトリックを記録してみせたのだ。この3ゴールでメッシはダービー戦における最多得点選手となった。.

決定的な勝利

この期間、バルサはチャンピオンズリーグでローレン・ブランのPSGを制するという厳しい試練をくぐり抜けた。バルサはグループ内の1位通過を争っており、その重要な試合をカンプノウで魔法のような夜に変えたのだった。3−1で堂々とフランス勢を制し、チャンピオンズリーグの16強進出を1位通過で決めたその試合は、ネイマール、レオ・メッシ、ルイス・スアレスの3人が同時に同じ試合でゴールを決めた初試合となった。

その後、ルイス・エンリケの率いる選手らは、ウエスカとの国王杯第二戦 (8-1)、2014年最後の試合となったコルドバ戦 (5-0)と好成績で進み、新年もエルチェを前に国王杯のベスト8進出を決めて (5-0) スタートを切った。最後のホームゲームでの勝利は、先週の日曜日、アトレティコ・デ・マドリードを相手に 決めた試合(3-1)だった。この試合で、再び、ネイマール、メッシ、ルイス・スアレスのトリオが結果を出し、現リーグチャンピオンを倒す機動力となった。

試合データ

FCB 5-1 セビージャ

FCB 5-1 エスパニョール

FCB 3-1 PSG

FCB 8-1 ウエスカ

FCB 5-0 コルドバ

FCB 5-0 エルチェ

FCB 3-1 アトレティコ・デ・マドリード

上に戻る